YSハートのブログ―21世紀梁塵秘抄―

アクセスカウンタ

zoom RSS #803 2017洋楽ライヴ最終レポ・ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース!

<<   作成日時 : 2017/11/20 23:53   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのライヴは、僕の体調は十分でないものの、とても気持ちよく観れて、無理無駄のない爽快な90分でした。


HUEY LEWIS AND THE NEWS
オーチャードホール
2017年11月20日(月)
18時30分開場、19時開演


22日には、ALL THE HITSと称して、ヒット曲を集めたセットリストになるようですが、僕は、むしろ、今日を選んで、知らない曲も含まれる感じがスリリングで良かったです。


画像




19時5分ごろ、開演。
相変わらず、ジス・イズ・アメリカ的な、陽気なヒューイ・ルイスが登場。往年の元気さは健在。

以下、調べても自分があまり知らないものは、原題のみ記しました。


1. ハート・オブ・ロックンロール/The Heart Of Rock & Roll

2. Remind Me Why I Love You Again

3. いつも夢みて/If This Is It

4. アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ/I Want A New Drug

これは、84年の映画『ゴーストバスターズ』によく似ている。というか、向こうが似せたほうだったとかで問題になったいきさつがあるようです。つまり、こっち(ヒューイさん)が先に作ったんです。

5. Her Love Is Killing Me

6. ジェイコブズ・ラダー/Jacob's Ladder

ああ、この曲は、僕の時代ですね( ̄− ̄)(笑)
うれしいです。一歩一歩、ひとつずつ、もっと高く。

7. ヒップ・トゥ・ビー・スクエア/Hip To Be Square


そして、ここから、ヒューイによれば、自分たちのライヴの慣例として、アカペラコーナーに入る、とのこと。
バンドメンバーたちが、用意された、複数のマイクスタンドの前に並びました。
このとき、メンバー紹介がされました。
ヒューイさんは、「みんなも参加してね。参加型のステージです。知っていたら、歌って。知らなかったら、手を叩く。」

8. 恋はウムウム/Um, Um, Um, Um, Um, Um,

9. ルッキン・フォー・ア・ラヴ/Lookin' for a love


10. While We're Young


そして、ヒューイ叫ぶ!「レッツ・ゴー・バック・トゥ・ザ・フューチャー!」

11. バック・イン・タイム/Back In Time

12. ハート・アンド・ソウル/Heart And Soul

13. But It's Alright

14. ロング・タイム、グッド・タイム/We're Not Here For A Long Time(We're Here For A Good Time)


ENC

サックスのトリオメンバーも紹介。そのうち、真ん中の方は、来日して、サーフィンしてきたらしい。
「千葉…」とおっしゃっていました。
ほほぅ。千葉の波ですか、いいですなあ( ̄− ̄)

ここで、ヒューイは、次の曲は、みんなが決める、と言ったとたん、客席から「ビリーヴ・イン・ラヴ!」とかリクエストが起こったものの、「今日すべて演るわけにいかない。ヒット曲が多すぎて、それも、ある過去の短期間にたくさん作ってしまったし。。( ̄− ̄)(遠い目で空を見る)」(笑)

しかし、1曲となれば、やはり、あの曲!!


15. パワー・オブ・ラヴ/The Power Of Love


サビの部分でヒューイのノリがよいのが定番だったと思いますが、今日もその通りでした。
感動。これが観れる時が来るとは。


16. スタック・ウィズ・ユー/Stuck With You


その「パワー・オブ・ラヴ」大ヒットの翌年に1位となったミディアムテンポのナンバー。
自分にとっては、家にあるとついつい手が伸びて食べてしまう和菓子のような曲(笑)
でも、やっぱり、いい曲だなと思います。

17. ワーキン・フォー・ア・リヴィン/Workin' For A Livin'

大盛り上がりで、気持ちよく終了。
メンバーの皆さんも、素晴らしい演奏をありがとう。
アメリカの音楽が最高だったころのロック。
いまの時代に、ロックが嫌いという若い人たちのイメージするロックは、おそらく、こういう音楽ではないと思います。

20時35分ごろ終了。


画像



さて、こうして、僕の、今年2017年の洋楽ライヴレポは、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースをもちまして、幕引きとなりそうです。
いろいろ振り返りたいですが、そういう元気も今は出せないくらい、調子が悪いので、きちんとした回顧は、またの機会にしますが、
たしか、今年の洋楽ライヴレポは、デヴィッド・ゲッタでパリピなスタートだったと記憶しております(笑)

なかなかユニークな年の始まりでした。
それから、4月辺りがピークだったかな。
YESのアンダーソン版、ポール再来日、ハワード・ジョーンズ、夏には、トレヴァー・ホーンにサインをもらったなあ。

秋にかけて、こちらの発信力も低迷しましたが、ともかくここまでやってこれました。

みなさんにとって、洋楽は、今とあの時をつなぐものになっていますか。

それでは、また。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
#803 2017洋楽ライヴ最終レポ・ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース! YSハートのブログ―21世紀梁塵秘抄―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる