ys-hearty-blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ゴールデンウィーク編2017】氷に還る!プリンスアイスワールド2017

<<   作成日時 : 2017/04/30 23:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

春の連休が始まり、フィギュアスケートの祭典!本当に久しぶりに観に来ました。

プリンスアイスワールド2017
in YOKOHAMA(横浜公演)
会場 : 新横浜スケートセンター
2017年4月30日(日)
14時30分開場、15時30分開演

CAST: 荒川静香、本田武史
GUEST: 安藤美姫、町田樹、村上佳菜子、織田信成、本田太一、本田望結、本田紗来、

松永幸恵、田守由英、松村純子、佐々木優衣、瀬尾茜、松本玲佳、五戸桃代、清水麻由、
佐々木理紗、浅見琴葉、河野有香、坪田佳子、中西樹希、西村桂、新井亮、小林宏一、
駒場幸大、橋本誠也、小沼祐太、松村成、
吉野晃平、伊藤高菜、小川真理恵、中島将貴


画像


以前、プリンスアイスワールドを観に、新横浜へ来てから年月が過ぎてしまったのですが、やはり、氷の上の競技やアイスショーを観るというのは、自分の生きる意欲を持続させ感性を磨くのに必要な軸であると、感じたからにほかなりません。

そのようなわけで、当日引換券を携えて、新横浜まで来て、パンフレットとペンライトを買いまして。
…なんだか、どんなイベントにしても、ペンライトは、時代ですね(笑)

そして、入場するに当たり、心配だった場内の温度も、外の暑さから逃れて涼しい〜という程度で、むやみに武装してこなくてよかったと思いました(セーターを1枚着ただけで今回は足りました)。
こういう、服装のことから、氷上応援の感覚を忘れてしまっているysheartです。

さて、アイスショーは、スケーターと出会えるのも楽しみですから、私は終演後に早めにリンクサイドへ行けるように、SS席を確保してありました。
ただし、北側でしたので、ちょっと移動の効率がよくなかったです。
(スケーターたちが落ち着いて観客の写真や花束・プレゼント・握手などに応じるのは、南から東にかけてだとの印象を受けまして。今後の課題だと思いましたねえ)

アイスショーの内容ですが、
今回のテーマは「4seasons.」=四季、ということで、「VIVA LA VIDA(美しき生命)」(コールドプレイ)で始まったオープニングの後、春から夏へ、そして、休憩20分をはさんで、秋から冬へ、そしてフィナーレへ、という流れでした。

春は、2曲目で、BABYMETALの「メギツネ」を演ってくれました!
BABYMETAL大好きで、当ブログでも応援しているysheartには、たまらない選曲(笑)
演じたスケーターたちは、もちろん、キツネのマスクを持っていました。

ゲストコーナーでは、本田紗来(ほんだ さら)選手、続いて、本田太一選手が登場。
紗来選手は、ミスもなく、ノービスでありながら、少し長くて変化のある振付を器用にこなしました。

夏編では、スケーターたちが、祭りの衣装で、「夏祭り」を舞いました。
なんかみんな楽しそうでしたねえ。最後のスケーターがすーっと退場する感じがかっこよかったです(笑)
「LIFE」でも、みんな活き活きしていました。
ゲストコーナーでは、
実は今回ysheartが注目していた、本田望結(ほんだ みゆ)選手。
大変、大きな表現力と、ジャンプ・着氷がうまくいったときの両手でのガッツポーズが気持ちを楽しくさせました。
もう一人は、本田武史さんで、安定した演技でした。

「さよなら夏の日」(山下達郎)で前半の部は終わり。

秋編は、「Fields of Gold」(スティング)や、「三日月」(絢香)。なお、これらの曲は、原曲そのままでなくて、誰かのカバー等であって、それは、どの曲も同様です。「三日月」って、英語で歌われると、洋楽としても行けるんでないかと思いながら、観ていました。
ゲストコーナーは、村上佳菜子選手、町田樹選手。
先日引退を表明された村上選手、ミスもなく華麗な演技を披露してくださいました。赤いバラの花を客席に渡すところは昨日のニュースと同じ。私も、フィギュアスケートを応援する者として、最後は、立ち上がって拍手を送りました。
町田樹選手は、本当に完璧な演技で素晴らしかったです。
立ち上がって拍手を送る気持ちはありましたが、私が立つと、後方座席の女性のみなさんの視界を妨げてしまうので、座っていましたが、問題ありません。
女性スケーター応援がちゃんとできていれば、僕ぁ〜十分なのです(笑)

冬編は、「Happy Christmas(War Is Over)」(ジョン・レノン)など。荒川静香さん、織田信成さん、安藤美姫さんの演技がありました。前二者の演技も完璧でした。
僕はしばらく、PIWを観に来ていなかったのですが、そのあいだに、ショー全体のクオリティも上がってきているのではないか、とちょっと思いました。


画像



フィナーレの後、スケーターとの「ふれあいタイム」。
たしかに、フィナーレまでの本編(狭義の「公演」)と、次の観客との交流とを分けた方が、お客さんもスケーターも心の準備ができて、スムーズな進行が可能になると感じました。

とはいえ、「ふれあいタイム」は、僕は初体験のシステムでして(笑)。
すでに書いたように、北側の席から西にかけて、スケーターとやりとりするのは、スケーターのほうの心の準備が落ち着いてくるタイミングも考えると、ちょっとぎこちないものになる感じがします。

本田望結選手に、花束を渡して受け取ってくれて簡単に握手して「楽しかったです」というだけであっという間でした。望結選手も南から東へ向かう時には、だいぶリラックスしているように見えました。


ところで、演技を見ていたら、PIWチームが、ナントカ46とか48みたいに見えました(笑)
言うとすれば、PIW…でしょうか^^
また、僕が、このイベントのシステムに慣れたら、PIWチームのスケーターさんにも渡したり声をかけたりしたいものです。
今回は、浦島太郎が氷の空間に戻ってきたわけなので、場の体験ができただけで十分です。



5月3日〜5日にも横浜公演は行われるようですので、興味がある方は、公式サイトで!
→ プリンスアイスワールド2017


画像



フィギュアスケートについては、ひとつの時代の変わり目にさしかかっている印象ですが、これから見ていきたいテーマ、選手がいそうなので、このブログを通して、今後、レポートしていけたらと思っています。

18時10分ごろ、会場を出て、新横浜駅へ。


画像



スキップするような気持ちで、横浜を後にするysheartでした…
スキップする気持ちで。

さあ、今日から、当ブログは、ゴールデンウィーク編として、いくつかのテーマや要素が行きかい、入り乱れる複雑な記事を、連休中に3回、アップする予定で、閲覧に来ていただける当ブログに好意的な皆様を困らせて行こうと思っておりますので(笑)、何卒ご容赦くださいませ。お楽しみに。




追記。

ゴールデンウィークは、つい昨日29日にスタートして、実は昨日も出かけてきて何かを見てきたわけです。

画像


浅草です。
小劇場でZIP!でおなじみの川島海荷さんのファンイベントへ行った帰り、浅草寺でおみくじを引いたところ、30パーセントの確率で出るらしい、”凶”を初めて引いてしまいました。
その場に結んで留めて、浅草神社へ。

画像


ちょうど、結婚式が行われているところでした。以前、川越市の神社でもそんな場面に遭遇して、宇宙から来たクラゲ型生命体の私にも文化的な啓示を得たのを思い出しますよ。

昨日も今日のように暑い日でしたね。
それでは、皆様、楽しいゴールデンウィークを過ごしていきましょう。


次回は、たぶん、映画のレビュー!

アクセス数が、とれないぞ、映画のレビュー!( ̄  ̄;

でも頑張るysheartは今日も戦うのだ。


SEE YOU!(`▽´)/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
【ゴールデンウィーク編2017】氷に還る!プリンスアイスワールド2017 ys-hearty-blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる