令和、太陽王女~2019年4・5・6月期、星座ユニットの記録~

12星座をモチーフにしたアイドルグループ、星座百景のライヴレポートは、3月分までまとめたので、今回はそれから今日6月23日まで(と言っても、自分が行ったのは3つのイベントのみ、しかし重要なものばかり)。

画像


【1】2019年(平成31年4月7日(日))

ツイート:#目黒イーストエリア桜まつり 、野外の特設ステージを観るのが楽しい。ペガサス月地方。外国人の人たちも楽しそうに見ていた。チェキ、サイン有なので4人と。過去最多(ららかなゆなこは)。そして今回遂に!リーダーとご挨拶を果たす。目黒川の桜がきれいだったあ。#星座百景

画像


目黒川に面した公園に特設ステージが用意され、星座百景のライヴはここで行われた。
セットリストは、ツイートに書いたとおり、

1. ペガサス幻想(ファンタジー)
2. 月と仮想通貨と私
3. 地方創生マツリオンド


会場には、外国人の皆さんも老若男女日本人も大勢いる中でのパフォーマンス。コール&レスポンスなしなので、白浜妃奈乃さんの「え、ビットコイン知らないの!?」に静寂が続く・・・
おそらく、歌の中でセリフをいう人で、瞬間的な緊張が最も大きいのは、ひなのさんではないかと思っている(笑)

そして、夕方、桜の木の近くで、特典会。リリイベ、対バンなどとは違った野外のイベントで気持ちがよく、今回は、成瀬ららさん、松沢果菜子さん、姫川ゆなさん、の3人に加え、今回とうとう、リーダーの上川湖遥さんに挨拶をすることができた。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
その後、4月17日、星座百景の公式サイトにて、上川さんが膝の手術の為に活動休止するとの発表があった。リーダー不在の時期が始まる。リーダー湖遥さんの手術の無事成功を祈り、4月17日の湖遥さんのツイートに対して、ツイートでリプライする。以下の通り。

【よいタイミングで、よい決断をしましたね。
長くて半年と言うけれど、半年かけても手術・リハビリにしっかり取り組めば、急がば回れで、さいたまは、ぐっと近づくと思います。
復帰は令和時代になるね。無事に治ってパワーアップして帰ってくるのを待っています。】

そして、平成の4月30日が終わり、5月1日、令和元年の初日、湖遥さんの手術が成功したことが、スタッフのツイートによって伝えられた。無事にすんでよかったとリプを送る。


時間が流れて、5月のうちに、同じく活動休止中だった、香月ひなたさんの復活ライヴが告知された。
さらに、6月10日付の告知では、上川さんが、1日限定ながら、6月23日のYokohama A-rin Collectionにて活動復帰することが発表された。

星座百景は、ももいろクローバーZを目標にしているグループなので、横浜アリーナで開催される、佐々木彩夏ソロコンサート「AYAKANATION 2019 in Yokohama Arena」と同時開催のフリーライブ “Yokohama A-rin Collection” に出られることは大変大きな前進だと思われる。
アテナ(星座百景のファン)の皆さんの感動のツイートがTwitterで見られた。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


【2】2019年6月22日(土)

香月ひなた復活祭
明けない夜はない太陽は必ず昇る
会場:南青山Future SEVEN
17時開演


ツイート:
桜祭り以来の #星座百景 。ライヴ観始めの昨年昇格祭でVTRで休止を知った、香月ひなた、復活。初対面。にかひめひなた3人面白かった。夢月社員この世ペガブロ海賊+戦友地方。船長すーさんを予想したが外れた。関西弁船長で来たか!チェキひなすー。ディスティーノの話など。
6月22日(土)

画像


セットリストは、以下の通り。

1.夢は終わらない
2.月と仮想通貨と私

3.会社員5000万パワーズ
4.この世で1番強いヤツ

5.ペガサス幻想
6.俺の名はブロックチェーン

7.海賊とピーマン(New Ver. 関西弁)

ENC

8.戦友セブンセンシズ
9.地方創生マツリオンド



香月ひなたさんが、活動を休止して、必ず戻ってくると言っていた映像を観たのは、1年前だったと記憶している、それも同じこの会場だった。そのようなわけで、自分は、おそらくライヴのひなたさんを初めて観ることになった。
溝入にかさん、白浜さん、香月さんの”高三トリオ”によるパフォーマンスに切れがあって、面白かった。

そして、もう一つのハイライトは、「海賊とピーマン」の新しい船長(2代目船長)の誕生。
スタッフさんのツイートに応えて自分も予想してみた。
自分の中では、前任者の雰囲気が印象的だったので、それを踏まえたら、推しの果菜子さんがいちばん合っていると思っていたが、副船長として存在感があって闘争心や威厳を表現できそうな、南鈴々華さん(以下、すーさん)だと予想した。
そして、いよいよ、この曲のオープニング、海賊たちが出てきて、すーさんは、ぶつぶつ言って働いている動作で可能性は遠くなり、続いて登場した、果菜子さんが中央にふわっと向かうかのようなあいまいな動作を見せたので、ひょっとして(もし果菜子さんになるとしたら、ysheartは自分の素直な想いにわざわざ異なる判断をしたことを後悔するだろうと思ったw)と半分期待する気持ちだったが、結果は、何人かのアテナさんが予想した通り、伊藤花恋さんになった。しかも、出身地にならって、関西弁で話す船長、歌詞も要所要所で関西弁(笑)

”踏襲する”という発想よりも、新しいアプローチで攻めるほうを選んだということか。今後の発展に期待。

この日のチェキは、太陽王女とすーさん。王女によると、初めてのアテナさんが多くて名前をたくさん覚えているところだと。
王女は、冒頭のリーダーとの会話の映像でも、ここまでのトークでも、悩んだ時間がある分、こちらの心に残るようなことを言っている。みんな頑張っているなあと思うのは、どこか自分が焦っていて逃げになるのをおそれているように思えた、というような趣旨で話があった(と、僕が自分なりに曲解してしまっている部分はあるかもしれないが)。
こういう似たような葛藤は、自分でもしばしば起きる。みんなの頑張りとか上達を素直に認めることは大事だが、一方で自分は何が進歩しているのかと不安になることがある。

すーさんとは、船長の話の他、動画で見た、チョコケーキに内藤(哲也)選手のディスティーノをかけるやつ。シュールな感じの動画。また、内藤選手にその技を直接くらう否再び観れる日が来ることを祈る。

それにしても、あの桜祭りのあとで、メンバーたちは、ひなたさんと感動の再会を果たしていたようだ。
また、昨年クリスマスで間に合わずに台場でしっかり見れなかった新曲までのいきさつが垣間見れた。


【3】2019年6月23日(日)

そしていよいよ、おそらく、星座百景のメンバーたちがいちばん待っていた日が来た。


フリーライブ “Yokohama A-rin Collection”

2019年6月23日(日)
11:00~17:00
シュークリームステージ:横浜アリーナ内センテニアルホール
星座百景の出演時間:13時20分~40分
特典会:出番の後、1時間程度


画像


会場に入ると、メンバーがビラ配り中。ららさん、ゆなさん等が気づいてくれた。


まず、リーダーの上川さんがステージに出てきて、特別な想いが伝わるあいさつをしてくれた。

実は、私達星座百景は、ももクロさんを超えたいという想いから作られ、そして、集められたアイドルグループなんです。だから、ももクロさんがいなかったら、私達は存在していないということになります。私たちのももクロさんへの想いは、尊敬とかそんな言葉では表せなくて、それこそ生みの親くらいの感覚なんです。だからこそ、今日は、過去一番の、過去最高の自分たちで挑みたいと思います。モノノフのみなさん、そして、チームももクロのみなさん、そして、ももいろクローバーZのみなさん、どうか私たちの想いを受け止めてください!よろしくお願いします!

(以上、自分で撮った動画から起こした、湖遥さんのあいさつです)

丁寧でまじめな表現をしているのと同時に、美辞麗句に陥らない、わかりやすく正直な感情が伝わる言葉を選んでいるのが、聞いている自分にもうれしく、意味のあるものを聞いているという実感が持てた。
(”だから、~たら”の辺りの運びがとてもいいと思った。←…言語関係の人間としてそう思ってつい評価のようなことを書いてしまって容赦願いたく)

セットリスト

1.この世で1番強いヤツ
2.月と仮想通貨と私
3.地方創生マツリオンド


星座百景を初めての人たちにもいちばんインパクトを与える選曲だったと思う。伝わってほしいと思った。

特典会は、とてもじゃないが、短い時間で予定通りに行かない。それでも、スタッフさんもアテナさんも、ゆなさん初めメンバーさんたちも(”さん”つけて書いてると、つい、ゆなさんの名を出してしまったw)、効率よく運んでくれた気がする。
結果的に、リーダー、ららさん、果菜子さんの3人とチェキをお願いして、話もできた。

画像



今回ysheartは初めて、星座百景のTシャツでの参加となった。それはともかく、これは、一つ大きな、このグループの新しい第一歩になったと思う。
帰りの電車の中では、激しい睡魔に襲われた。横浜から離れていくysheartを乗せた電車。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック