ys-hearty-blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 乃木坂46 真夏の全国ツアー2018 ―2日目 7月7日―

<<   作成日時 : 2018/07/07 23:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

乃木坂46の全国ツアー、昨日(7月6日)から明日(7月8日)にかけて3日間、東京の隣接する2つのスポーツ屋外施設で開催されています。私は、今日、参加してきました。

乃木坂46 真夏の全国ツアー2018
6th YEAR BIRTHDAY LIVE <DAY 2>
2018年7月7日(土) 14時開場・17時開演


明治神宮球場と、秩父宮ラグビー場の2カ所で同時に、ライヴが進行するということですが、私ysheartは、秩父宮のほうが抽選で当たっておりました。
(※ここ重要なのですが、あれほど乃木坂の抽選で外れまくってきた私が、今回ようやく当選したのです。それで、半年間の乃木坂応援自粛=ふて寝から目覚め、久しぶりの乃木坂ファン活動の日になりました。)


画像



雨も降っておらず天気は回復の方向で、それほど暑くもなかったのですが、絵画館のほうのグッズ販売エリアは満員で、嫌な予感がしたので、今回は買うのをやめて(!)、東入口へ向かいました。

あと1時間という時に入りまして、乃木坂のスペシャルドリンク(グレープ色の冷たい炭酸水)400円、ラグから500円を買ってエネルギー補給をして座席(スタンド席)へ。

曇り空ですが幽かに太陽が見えます。涼しいので安心です。

やがて、影のナレーション。担当は、岩本蓮加と梅澤美波の3期生ふたり。どちらかがカミカミで健闘していた(笑)。あるいは梅澤さんのほうだったかもしれないが、私は岩本さんのほうだった気がしますw(←間違いかも、です)。
そして、17時過ぎ開演、OVERTURE。
スクリーン上は、乃木坂駅のホームから、メンバーが分かれてそれぞれ反対方向行の電車に乗る。
秩父宮ラグビー場に、千代田線的な電車が到着。

以下、秩父宮ラグビー場のセットリスト。
今回僕は、睡眠をよく摂ってエネルギー補給済みなので、(乃木坂応援歴短い割には)記憶に自信があります(←タイトルはその都度、スクリーン上に表示されるから負担はさほどでないのも確かですがw)。


1. 自惚れビーチ
2. 風船は生きている
3. 13日の金曜日
4. 新しい世界
5. アンダー

このアンダーメンバーの応援歌、好きですよ。
自分の場合、真っ先に、私の推しの一人、伊藤かりんちゃんを思い浮かべます。
(話がややこしくなるので、今回、2推し、神推しなどの表現は控えて、単純に”推し”と言うことにします)

そして、MCのあと、メンバーが、2会場の間で入れ替わる。神宮のほうから、自転車などで移動。

6. 走れ!Bicycle
7. ハウス!
8. 制服のマネキン
9. 命は美しい
10. バレッタ

11. ガールズルール

ここで、私の一番の推しである、高山かずみんがこちらのほうを向いてしばらくパフォーマンスしてくれた。
ファン心理で、久しぶりに書きますね。。

僕と目が合っていました!推しメンタオルを掲げることができて、うれしかったです@@!

すみません、平常心に戻ります。

12. Rewindあの日

ですから、この曲のことは、記憶がしばらく飛んでいたんですよ(・▽・)/(笑)

13. あらかじめ語られるロマンス
14. オフショアガール

白石まいやんが、歌う間、ステージ前方から、後方へ行ったところで、【6 生田絵梨花】のメンバータオルを掲げてくれた(笑)
生ちゃんは、舞台稽古中でしょうかね。来月、観に行く予定です。私は演劇観るのも好きで、生ちゃん出演の舞台は、レ・ミゼラブルなど観ました。
生ちゃん以外の人の出演では、博品館の『三人姉妹』も観ましたよ。
生ちゃんも、私の”推し”の一人です。(←何人おるねんって話ですよね)


15. やさしさとは


ここでも、かずみんが登場。
今日、物販で、最新のタオルを買っていないので、昨年のがあるだけで申し訳なかったです。。
でも、比較的視線の方向が合ってうれしかったです。@@


16. ここにいる理由


そういうわけなので、この曲も、前半、上の空だったんですわ。。すみません。
ここにいる理由を考えなければなりませんでしたね。。


17. My rule
18. 誰よりそばにいたい
19. 思い出ファースト

オレンジ色系の衣装で、3期生が登場してきました。

20. 未来の答え
21. 三番目の風

MC。
ここで、ステージ向かって左にいた、葉月ちゃんだったか、この曲が歌えて感激したという趣旨の話をしていました。
僕も、これをじかにライヴで観れて、感動し、むしろほっとしました。
東京ドームの周りを歩きながらこの曲を耳にした昨年のことを思い出します。

3期生も、2年前に武道館で初お披露目したのでしたね。あのころと比べると、トークもそれぞれ自分のペースをつかんで、だいぶ慣れてきたように見えます。


22. 逃げ水


あらためて趣向を凝らした面白い曲だと感じます。途中のピアノの空白みたいなところも、ライヴだとみんなの声で埋まってしまいました。

23. 気づいたら片想い
24. 今、話したい誰かがいる
25. シンクロニシティ


ここは、凄かったですね。スクリーンを見ると、この曲はタイトル通り、神宮会場とシンクロしていたようです。
なんかね、こういうライヴの作り方にせよ、
どこか頭脳戦というか、知的な努力をなさっている印象を受けます。ここが、このグループの魅力だろうと思います。


26. 太陽ノック


さあ、そろそろ夏らしいクライマックスだなと思います。


27. 夏のFree&Easy
28. 裸足でSummer


前年のタオルだったので、両手で掲げるのを控える代わりに、ペンライトを掛け声の際に片手で掲げました。
6周年バースデーを祝う、夏の花火がたくさん打ち上げられました。

最後は、オーケストラと指揮者も登場しました。


29. 君の名は希望


最後は、ステージに現れた、千代田線風の電車でさようなら。

ENC
ここで、アンコールメンバーが、スクリーン上で発表されました!
例えば、僕のいちばんの”推し”かずみんさんは、向こうへ行きました…

20名、以下の通りだったと思います。

☆☆【アンコールのメンバー】
秋元真夏 秩父宮
井上小百合 秩父宮
岩本蓮加 秩父宮
梅澤美波 神宮
衛藤美彩 神宮
大園桃子 神宮
齋藤飛鳥 秩父宮
斉藤優里 神宮
桜井玲香 神宮
白石麻衣 秩父宮
新内眞衣 秩父宮
鈴木絢音 秩父宮
高山一実 神宮
西野七瀬 神宮
星野みなみ 神宮
堀未央奈 神宮
松村沙友理 秩父宮
山下美月 秩父宮
与田祐希 神宮
若月佑美 秩父宮

伊藤かりん 秩父宮
伊藤純奈 秩父宮
伊藤理々杏 秩父宮
川後陽菜 神宮
北野日奈子 秩父宮
斎藤ちはる 神宮
阪口珠美 神宮
相楽伊織 秩父宮
佐々木琴子 秩父宮
佐藤楓 秩父宮
寺田蘭世 神宮
中田花奈 神宮
中村麗乃 秩父宮
能條愛未 神宮
樋口日奈 秩父宮
向井葉月 神宮
山崎怜奈 神宮
吉田綾乃クリスティー 神宮
渡辺みり愛 神宮
和田まあや 秩父宮
☆☆


30. インフルエンサー
31. ロマンスのスタート
32. ロマンティックいか焼き

33. 乃木坂の詩

20時ごろまでに終演。


画像



久しぶりの乃木坂46。
今年1月に、アンダーアルバムの個握で、かりんちゃんに会ったのを最後に、それで区切りをつけたという意味で、私は乃木坂応援の現場から姿をくらましておりました(← 東京ドームで観られなかったショックで、それ以後、冬眠することになります)。
つまり、僕のふて寝の原因は、誰のせいでもなく、チケット抽選に外れ続けたことによるものです。

しかし、今回来てみて、いろいろ自信を失ったままの参加だったとはいえ、やはり、乃木坂は応援を続けられるだけの魅力があると感じました。
まだ完全復帰できるかどうかわかりませんが、腐らずに興味が持てるイベントがあれば行ってみようと思います。
会場のお客さんに関してですが、今回、年齢層は高めの人はお見かけせず、中間からもう少し若い世代が多かった印象です。
高めの人たちは、今日の場合、アイドル横丁のほうは多かったかもしれませんが。


それはともかく、
この半年、乃木坂から離れていたせいか、変化というかメンバーの成長も感じました。
白石麻衣さんは、MCの出番も多く、またとっても明るく全体のムードを引っ張っている感じがして楽しい気持ちになりました。
また、本編最後のほうだったか、神宮の客席が黄色になっていたと伝えた鈴木絢音ちゃんを見て、ずいぶん、ライトな感じで表現(表情)の幅を広げてきたなあと驚きました。
寡黙にコツコツと動くイメージも好きなので、ずっと、推しの候補なのですが(←)。
あと、寺田蘭世さん(推しの一人)も楽しみな人です。今日も、どこか、はっとさせてくれましたのです。

ほかには、樋口日奈さんや斉藤優里さんの雰囲気も気持ちが和みます。。


20thシングル「シンクロニシティ」も冬眠明けで、最近聴いたばかりでしたが(洋楽のバンド、ポリスの「シンクロニシティ」とかぶるので、避けていたというのもありますがw)、

お互いに思いやることで、自然に心が通い合うという歌詞に勇気を与えられそうです。
そういう気持ちになる人が、私だけでないことを望むのですが、
今の世の中を歩んでいると、他人を疑うことばかり、恨むことばかりが蔓延しているように思えてなりません。

それぞれのちょっとした努力が先だと思うのですが。

涙が溢れる、は、ふつうは、あふれる、と読むのですが、ここは、意訳していますね。



次は、いつ会えるかな。

今回のツイートは、【久しぶりに #乃木坂46 のライヴを観に。天候、広い会場、隣りの会場から何か伝わってくるのも、アンコールのメンバーが発表されるのも、いろいろなことが楽しい時間だった。#乃木坂真夏の全国ツアー2018】です。

では、また!



【2018年7月9日追記】
21thシングルは「ジコチューで行こう!」センターは齋藤飛鳥。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
乃木坂46 真夏の全国ツアー2018 ―2日目 7月7日― ys-hearty-blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる