Salyu、井上苑子さん@大阪なんばCITY-付:千住さんコンサート-

いい天気の大阪・なんばCITY。公開生放送の整理券は、10時から配布。10時半過ぎには、12時スタートの井上苑子さんの観覧分はなくなっていました。地元発の人気者。
目当てのSalyuさんの分はまだありましたので、スタッフの方から受け取りました。

画像



FM802 HOLIDAY SPECIAL なんば CITY presents
『spring/summer MUSIC COLLECTION』公開生放送

2016年5月5日(木)
場所: なんばCITY B1 ガレリアコート
GUEST : 12時~ 井上苑子
       13時~ Salyu
DJ : 落合健太郎



観覧のエリアはステージに特に近いというだけで、エリア外でも十分に観覧可能。

12時にある10分ほど前、放送はFM802のスタジオからオンエア中。
ガレリアコートでは、すでに井上さんがギターを持って登壇されて、落合さんと少しトークをしたり、何よりも、会場のみなさんのために、「Get U」を歌ってくれました。

そして、12時、放送は、ガレリアコートのほうに切り替わって、

大切な君へ」「だいすき。」を演奏。スタジオでは「「君に出会えてよかった」」がオンエアされているとき、こちらでは、会場のみなさんとの記念撮影をしてから退場されました。


画像



淡いピンクのワンピースという衣装の井上さんでした。ファーのサンダルで来たので、靴はステージ用に替えてきたという話だったと思いますが、うろ覚えです。
大人に見られそうだが、そうでもないと。ファッションについては流行りを入れつつ自分でくずすと。
この番組は、女子のファッションをメインのテーマにしているようですが、男性でも、女子の話に対応できる参考になると思うんです(笑)

面白かったのが、東京の人はよく並んでいるが、(大阪は/井上さんは)せっかちだから並べないというくだり。ディズニーランドへ友達と遊びに行ったときに、ずっと並んでいたので、(アトラクションに)ひとつだけ乗ってから帰ったという話だったと思います。

この東京の”並ぶ”文化というのは、私も興味の尽きないテーマになっております、かれこれ10年。
実際、東京に住んでいたとき、よく並んだものです(このブログをずっとご覧になっていたみなさんなら、あのときとか、あのときとか、わかってくださることでしょう ̄▽ ̄;)

最後は、スーツケースを下りの勾配で壊してしまったという話で終わりました。

私は、井上苑子さんのステージも音楽も今日が初めてでした(「だいすき。」は、実は予習しておきましたが)。
容貌といい、ギターを弾き語るスタイルといい、かつてのYUIを思い出させますが、

こちらは、大阪人らしい、ひたすら明るく、現状を楽しんでいる雰囲気が良い感じです。

ちなみに、このあと、13時までに、YUIの「SUMMER SONG」がオンエアされていました(^^)/!

井上さんの新曲は、「ナツコイ」。

【参考】井上苑子 OFFICIAL HP


さて、13時!

スタジオからオンエアされていたのは、Salyu「非常階段の下」!!

素晴らしい。地下街と言えば、私のイメージではこの曲(笑)選曲のセンスがいいです。


Salyuさんは、なんばCITY内のお店で買った帽子をかぶってご登壇なさいました。大変、似合っていました。
黒と、カーキ色の合わせ方がよかったです。

「音楽を背負っている」立場から、ファッションの大切さについて、答えていらっしゃいました。

今回は、8月8日に大阪BIG CATでの対バンライヴの告知を兼ねていたようですね。
(この記事を書いているとき、ちょうど、私のメールボックスにも「Salyuメールニュース」でその告知が届きました)

会場に親子連れのお客さんがいらして、そのお子さんが8歳と聞いて「末広がりのよい年齢ですね」と(笑)

たぶん、対バンライヴの日付にもそういう思い入れがあったために、このご発言になったのだと想像します(笑)


オンエアされた曲は「彗星」でした。終わりにこちらも、記念撮影タイムがありました。

最後に流れていたのは「アイニユケル」でした。
物販で、CDを買って、トートバッグをいただいて帰りました。

画像


そのようなわけで、井上苑子さん、Salyuさん、それぞれ、30分、25分ぐらいの時間、よい時間が過ごせました。


では、また( ̄▽ ̄)/




【2016年5月22日追記】
それから、1ヶ月たたないうちに、もう一度、大阪へ、またも、暑い日。

ストラディヴァリウス「デュランティ(1716年製)」300年記念
千住真理子 ヴァイオリン・リサイタル
~時空を超えた300年前の吐息をあなたへ~

[ピアノ・チェンバロ]山洞智 [チェロ]長谷川陽子
会場: ザ・シンフォニーホール
2016年5月21日(土) 13時開場 14時開演


画像


前半の部(15時05分まで)
ヴィヴァルディ「ヴァイオリン・ソナタ ロ短調」/モーツァルト「ヴァイオリン・ソナタ 第28番」/モーツァルトの「子守唄」「メヌエット」「ロンド」「トルコ行進曲」

後半(16時05分まで)
エルガー「愛のあいさつ」/ドヴォルザーク「我が母の教え給いし歌」/メンデルスゾーン「歌の翼に」/マスカーニ「アヴェ・マリア」/ 山田耕筰(渡辺俊幸編)「赤とんぼ」/千住明「andante」/サラサーテ「ツィゴイネルワイゼン」

アンコール:「アメージング・グレイス」/バッハ「G線上のアリア」

終演後、楽屋口のほうで、サイン会があり、CDにサインを頂きました。私は、千住さんにサインをいただくのは、本当に久しぶりですが、握手していただき、うれしかったです。

友情出演の長谷川さんは、iPadで、譜面を見て演奏され、ペダルを踏んでページをめくっていらっしゃいました。
千住さんは、そういう時代に追いついていない、自分は(譜面の)拡大コピーを(見ている)とおっしゃって、会場が和みました。

【2019年6月8日追記】
先週、千住真理子さんの大忙しなようすをバラエティ番組で観ましたが、あんなにせっかちでなくても。
初めて年齢を知りましたが、若く見えます。ファンになったのは、2019年から数えて、29年前ぐらいでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック