2013年の冬季国体・スピード競技篇

復興支援の精神をともなった国民の祭典ということ、私自身体調がすぐれないということもあるので、スピードスケートですが、今回だけは、普通の書き出しでレポートいたします(笑 アイデアはあったんですが)。

画像


第68回国民体育大会冬季大会 スケート競技会
スピードスケート競技第3日
2013年1月30日(水)
会場:郡山スケート場(福島県郡山市)


画像


福島県郡山市での滞在は実は初めてです。
フィギュアスケーター・本田武史氏のお膝元。それ以前に、僕にとっては、小学校の社会科の教科書でよくでてきた場所。

ともかく、JR郡山駅からはシャトルバスはなくて、JR磐越西線(ばんえつ・さいせん)で3つ目の「磐梯熱海(ばんだいあたみ)」駅まで行かねばならず、本数が少ないので注意深く行きました。

足湯の里、熱海からはシャトルバスが何本も出ていて、乗ったらすぐに、郡山スケート場に着きます。迷う場所ではありませんが、積雪もありますので、乗ればいいと思います。

今日は、スピードスケートについては、第3日ということで、いよいよ、決勝種目が多くなります。

【リザルトは各自、公式サイトで参照よろしく。→ 第68回国民体育大会冬季大会 スケート競技会・アイスホッケー競技会 競技記録結果

画像


私が観戦したのは、11時30分スタートの、少年女子3000m予選から。
計3組が滑走。

各組のエントリーと、結果は以下の通り。

◆少年女子3000m予選◆

第1組:丹波佳奈美(北海道)、山崎朱香(岩手県)、磯嶋美波(宮城県)、樋沙織(群馬県)、亀井萌々野(山梨県)、竹村美咲(長野県)、梅村美帆(岐阜県)

スタート時に、会場に音楽!

ブツッ ダー! ブツ ダ ブツ ダー(ブツッ)



なんだなんだこの断続的に切れるキルビルは( ̄  ̄; 笑


※このあとは、かっこよく流れていました。

画像


第2組:高木美帆(北海道)、田村綾子(青森県)、村山実咲(岩手県)、水澤彩佳(福島県)、富田裕香(茨城県)、阪上愛心穂(岐阜県)

第3組:長屋千夏(北海道)、平泉絵理(福島県)、山﨑実紀(群馬県)、五味聖麗奈(山梨県)、渡邉夏純(長野県)、栗林寿歩(愛知県)

(補欠:酒井寧子(北海道)、沼下樹帆(岩手県)、山﨑萌香(群馬県)、原和穂(長野県))

決勝進出の選手は、予選の着順で記すと、竹村、樋、亀井、丹波(以上1組)、高木、水澤、村山、田村(以上2組)、長屋、原、五味、山崎(以上3組)。

第2組には、高木美帆選手が国体に登場。大変楽しみなレースでしたが、なんなく1着。
この高木君のベストショット(と私が自分で思っているだけですが 笑)を撮りました。(^_-)

そして、最初の決勝種目、少年女子500m!

画像


◆少年女子500m決勝◆

千葉捺美(群馬県)
赤坂遼(青森県)
曽我こなみ(長野県)
山根佳子(北海道)
中村杏奈(長野県)
岡部栞(群馬県)
桜井萌美(北海道)
中仙道葉月(山梨県)

上位3人(表彰)は順に、桜井、山根、千葉。
おー、久々に、千葉選手の滑走を観れた。

◆成年女子500m決勝◆

仁科有加那(長野県)
郷亜里砂(北海道)
押切美沙紀(山梨県)
赤坂菜穂(青森県)
関口莉菜(群馬県)
清水玲香(長野県)
神谷衣理那(北海道)
梅川風子(山梨県)

上位3人(表彰)は、順に、郷!、神谷、押切。

うれしいことです。あとで表彰台のてっぺんに、郷選手を見ました。

◆少年男子500m決勝◆
上位3人は順に、後藤卓也(北海道)、中村隼人(北海道)、坂本永吉(山形県)。
◆成年男子500m決勝◆
上位3人は順に、上條有司(長野県)、長谷川翼(北海道)、中尾光杜(山形県)。

画像


整氷で休憩の時間に、ふるまい料理として、つるりんこ鍋をいただきました。

画像


マスコットキャラは、ゆりーと君だけでなく、がくとくん、などもいるぞ。
上の写真、現地時間の12時9分に撮影したものだから、その同時刻にフィギュアスケート会場には…( ̄□ ̄!

それは置くとして、

◆少年男子1500m決勝◆
上位3人は順に、近藤太郎(北海道)、池田崇将(北海道)、由井勇矢(長野県)。
◆成年男子1500m決勝◆
上位3人は順に、三輪準也(千葉県)、大和田真(北海道)、藤野裕人(千葉県)。

画像

【少年男子500m】

国体はシングルトラックレースで、少年はことのほかヒートアップします。怖れを知らぬ者たちだからです(笑)

◆少年女子1500m決勝◆

樋沙織(群馬県)
長屋千夏(北海道)
亀井萌々野(山梨県)
丹波佳奈美(青森県)
高山菜摘(北海道)
安藤美優(岐阜県)
水澤彩佳(福島県)
竹村美咲(長野県)

上位3人は順に、長屋、樋、高山。

画像

【成年女子1500m】

◆成年女子1500m決勝◆

菊池彩花(山梨県)
田畑真紀(富山県)
石野枝里子(長野県)
高橋菜那(北海道)
高木菜那(長野県)
松田有幾(岐阜県)
高山梨沙(山梨県)
穂積雅子(富山県)

上位3人は順に、菊池、高木、田畑。
しかし、壮絶な、メンバーがそろいましたね(笑)世界大会のレベルです。

成年男子1000m準決勝のあと、ホームストレート側で表彰式(女子)がありました。

そして、また、休憩。

画像


ヨーヨーや一輪車を駆使した大道芸のパフォーマンスなどが、大会に華を添えてくれました。
Hmm... 大道芸の嬢(むすめ)、この物語のカギを握る強力な登場人物だ( ̄□ ̄;


設定マニアの私の妄想はこのくらいにして、次は、少年男子10000m決勝(14時40分~)。

◆少年男子10000m決勝◆

上位3人は順に、大林昌仁(長野県)、小川拓朗(北海道)、土屋良輔(群馬県)。

この辺になると、さすがに選手を覚えきれないのですが、10000mは、リンクサイドの応援もみんな、加熱します。
この時間帯は、一時的に温かく太陽も射して、観戦にやさしい空気になりました。

そして、成年男子2000mR予選、少年男子2000mR予選、男子の表彰と続いたでしょうが、ysheartは体調の関係でここまででシャトルバスに乗りました。鉄道も次を逃すと、一時間以上待たないといけなかったのです。

画像


いろいろと心配のあった観戦ですが、スムーズではあります。いま、私にしてはめずらしく、郡山市内のホテルから記事を書いています。
だいぶ真面目に抑えて書こうと思ったのですが、すみません、元来、剽軽なもので(-_-;)、どうしても面白く書こうという血が騒ぐのを制御して、こんな具合であります。

明日の観戦は未定ですが、興味ある方は、Ustreamでも観られるようなので、公式サイトをご覧くださいませ。
氷上の選手のみなさま、インターハイ、国体、ジャパンカップなどと続くハードスケジュールの中、頑張っていてありがとうございます。

※この日の大会のもようをウェブリアルバムで写真公開中!→ 冬季国体2013―スピードスケート―前篇
(2013年2月6日追記)

【次回予告】
次回の内容は未定。冬季国体は、あすとあさってを残すだけ(最終日は、アイスホッケーの決定戦があります)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック