salyu × salyu@イーヴン・シュタイナー vol.7

体調と症状がだいぶ回復したysheartです。以前、salyu × salyuを観た場所へ、またsalyu × salyuを観に来ました。

サリュー・バイ・サリューの渋谷WWWでのゲストライヴの模様です。
ひさびさに木村圭見さんの姿を見たいなとの気分も含めて、行ってきました( ̄▽ ̄)/(笑)


salyu salyu
Oorutaichi Loves The Acustico Paz Nova Band
@Shibuya WWW
2012年12月6日(木)
18時30分開場、19時30分開演


【Oorutaichi Loves...のメンバー】
オオルタイチ(ボーカル)、(ステージ向かって右から)波多野敦子(バイオリン)、植野隆司(ギター)、田中馨(コントラバス)、楯川陽二郎(ドラムス)、トンチ(スティールパン)、ウタモ(キーボード)

【salyu × salyu(サリュー・バイ・サリュー)のメンバー】
Salyu(Vo)、小山田圭吾(Gt)、大野由美子(Key,Ba)、木村圭見(Cho)、山口裕子(Cho)、山崎絵梨子(Cho)、ASA-CHAN(Dm)

画像



19時45分開始。


1.s(o)un(d)beams

MC「よろしくどうぞ、サリュ・バイ・サリュです」

2.ただのともだち

3.muse’ic

MC「みなさん、こんばんは、サリュ・バイ・サリュです。早速、演奏させていただきましたが、楽しんでいただけましたでしょうか。ひきつづきよろしくお願いいたします」

4.Sailing Days

5.Hostile To Me

MC「taichiさんとは以前に、私たちのライヴに出ていただきたくて(出演してから)交流が始まってたんですけど、楽しんでもらえたかなとライヴ終了後も思っていたんですが、今回はtaichiくんから呼んでくれてとても光栄です。そんな想いを込めて次の曲は…(ここで大きな楽器の音響がする)話したいあなたとおおお!◎。◎

木村圭見「衝撃的な音だったねえ(;^▽^)

MC「いつも、(圭見さんは)いちばん冷静で安定的な女の子なんですが、こうしてね、(自分たちは)シンとして(気の利いた喋りもなくてみたいな)いたところに、かず、ありがとう(笑 拍手)」

6.話したいあなたと

7.Our Prayer~Gee~Heroes and Villains

8.Mirror Neurotic

今回、途中のストップは、4秒くらいで次の3秒後に再スタート(笑)

MC「ありがとう」

9.奴隷

10.続きを

(途中で、メンバー紹介)

演奏後、MC「あとちょっとだけ、みなさんにとって2012年の年末が素敵な年末になりますように。寄ってみちゃったりね」

11.May You Always

MC「素敵な夜を。ありがとうございました」

20時44分終了。

次のOorutaichiさんのバンド、演奏スタートは、21時16分ごろ。

全11曲演奏(うちラストは、アンコール曲)。
僕は初めて聴くので、曲目はほとんどわかりませんが、5曲目「Beshaby」は、YouTubeで予習してあったのでわかりました(笑) 【参考に】→ Beshaby(PV)
※なんか、個人的には、無性にシンパシーを感じる内容でした。。。www

7、8曲目は、太陽や月を歌った、カバー曲、特に後者は、八重島民謡で、「月ぬ美しゃ」。
11曲目のアンコール曲は、ウリチパン郡の時の曲。

salyu × salyuとは「180度も296度も違って、近かったり遠かったり(そういう自分たちの音楽ですが)」と言っていました(笑)
最後に、「salyu × salyuのみなさんは、明日から、タイでフェスがあるので準備で忙しい中、出演してくださってありがとうございます」とおっしゃいました。

22時24分ごろ終了。



今回、正直なところ、まだ、オールスタンディングを観るのは少ししんどい状態でした。なにしろ、今日だけ省みても、食事は、おかゆとうどんと石焼き芋と水分だけでしたので。あと、会場で500円出して飲んだドリンクも含むが(笑)

しかし、たぶん、今年2012年、私が最後に観るサリュ・バイ・サリュのステージだったので、頑張ったよ(きりっ)。

圭見さんの活躍が“私の想像を超えて”(笑)見られたのは、あーやはり12月年の瀬、頑張って渋谷まで来てよかったと思いました。。www

taichiさんがMCでおっしゃったように、サリュ・バイ・サリュは、12月8日に、タイのバンコク郊外?で開催される音楽フェスに出るらしいので(日本時間では夕方になるかな、時差が2時間だから)、このあと、気をつけて、よい旅を!行ってらっしゃい!
※Ustreamで中継されるようです

☆☆2012年12月7日追記
けさ8時ごろ、成田空港に着いていらっしゃるもよう( ̄▽ ̄)/午前中に出発でしょうか。(参考:かのツイッターから)

以下、リンクしておきます。

→ Salyuの公式FACEBOOK

→ タイで12月8日・9日開催の音楽イベント、Big Mountain Festival kampsiteの特設サイト(Ustream視聴)

☆☆
☆☆2012年12月8日追記
サリュ・バイ・サリュの登場は、日本時間の本日(8日)の20時30分からとなる模様(上記特設サイトのタイムスケジュールから:このタイムスケジュールは日本時間で示されているようです)

タイのフジロック、BMMF2013にsalyu × salyuが登場。20時30分から30分間のライヴステージ。
以下、Ustreamを見た感想を予定。現在、日本時間20時20分。

21時23分ごろ開始(かなり押しましたね、やはり、タイ!(`□´;)。

画像

【演奏前の会場のセッティング=cow stage(Ustreamから)】

セットリストは、渋谷WWWと同様。
Salyuの「1,2,3,4」の声の合図で、s(o)un(d)beams!
MCは英語がメイン。最初、タイのこんにちはで入って、今夜はどんな感じですか、私たちの音楽を楽しんでください。
3曲目muse'icの後、MC(英語で)、お会いできて幸せです、私たちの音楽を楽しんで気に入ってくれるといいなと思います、ホントにありがとう。

5曲目Hostile To Meの後、MC(英語で)今夜は私たちにとって初めてのタイです、楽しみにしていました、ありがとう。(日本語で)ありがとう(タイ語で)ありがとう(サワッディーカッ)

8曲目のMirror Neuroticの最後の4人手拍子で、ちょっと、ヒロコ様。。Salyuの表情^^;
ファン的には全然OK(笑)

10曲目続きをの途中で、英語でメンバー紹介
今日は特別なものになりました、本当にありがとう(英語)。コープンカッ(タイ語、ありがとう)>▽<

「続きを」の演奏中、会場のスクリーンでは、歌詞をタイ語でノートに表記したものを順に指示している映像が映っていたようです。

ラスト、May You Alwaysが終わって、タイ語で挨拶一言、それから、日本語で、どうもありがとうございました。
英語で、このあとも楽しんでください。
22時20分終了!

お疲れ様でした、サリュ・バイ・サリュ御一行様!!

☆☆

圭見さんのブログ、“灯花ブログ”を少し前に見つけて時々読んでいたのですが、ツイッターのほうで、ご本人自身に早めの荷造りをすべくプレッシャーをかけているのがわかりました。これ、少し解ります。。(笑)
ぎりぎりであわてる習慣が、私ysheartにも、もともと、ありますので。

あと、メンバーの皆さん、くれぐれも、体調、食あたりにご注意を!



。。。東南アジアへ、日本人アーティストが目を向けて、トライしてくれるのは、日本の文化の未来のために素晴らしいことだなと思っています。私も、近い将来、以前の平原の国に続いて、今度は、東南アジアに関与することになる可能性が高まっているので、尚更、興味をそそられます。


追記。
先月30日に、トップページにも記しましたが、Salyuのラジオ番組、SOY MIN BOXは、30日で最終回でした。短かったけどよい時間を過ごせました。


☆☆ 2012年、残すところ、あと、25日! ☆☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック