【中欧滞在レポート】平原の国からのあいさつ

ys-hearty-blogを好意的にご覧になっていただいたみなさま、ご無沙汰しています。

画像

【フロリアンスカ通りを門の方向へ。クラクフにて】

私は今年の9月下旬から、“平原の国”ポーランドに滞在しています。

クリスマスになる前に、滞在先から鉄道で約3時間半と、比較的近い場所にある古都・クラクフへ行ってきました。ポーランドでは、最も広く美しい中央市場広場(Rynek)がある街です。

画像


クラクフ本駅前の広場で、特設スケート場を見ました。こちらの人々にとって、ウインタースポーツの主流は、スキーのようです。このスケートリンクでも、ぎこちなく楽しんでいる様子は、日本でいうと、六本木のミッドタウンの特設リンクが思い出されます(笑)。

それにしても、こちらの国はこれからいよいよ寒い季節に入りますので、私といえども、さほど遠出はできません。日が沈むのも大変に早く、16時にはもう、辺りは真っ暗になってしまいます(下の写真は、11月初旬、ワルシャワの中心で16時少し前に撮影)。

画像


年の瀬は静かで、いま、滞在先の寮の一室で、机に向かっています…


…日本で起きていることについては、インターネットが無事につながっているため、普通に知ることができます。
ただ、時差が現在8時間ありますので、日本との連絡をしたい時は、その分いろいろと工夫が必要です。

先ずは、12月29日も、あと少しになりましたが、佳子さま(内親王殿下)がお誕生日を迎えられたことを、お祝い申し上げます。

東日本大震災のあと、清水寺の森さんが揮毫した「絆」ということを見つめなおすうえで、皇室の方々の被災地へのご訪問のニュースが最も心強く思い起こされました。

秋篠宮さまと紀子さまのご婚約が内定された1989年という年は、東欧革命の年でした。当時、予備校生であった自分にとっては、辛くも大切な時でした。
以来これまでをふりかえってみても、私は人生いろいろありましたけれど、
ともかく大きく人の道からはずれることなく、
この国で一生懸命まじめに生きてきてよかったなと、しみじみ思います(笑)

その国から離れて修養中の身にあって、
またいっそう、日本のこと、日本人のこと、自分自身の過去・現在・これから、について想いをめぐらせる時間を過ごせており、見えるものが多くなっているように感じています。

このブログで応援する歌手MaiKとどこかイメージが重なることがありました。音楽も心の中で聞こえてきます。失礼しました。徐々に、当ブログのモードを思い出して書き進めています。


さて、私は、ポーランドに着いて、翌々月の上旬、早速、首都ワルシャワへ向かいました。

画像

【クラクフ郊外通り】

ワルシャワ大学のある通りに、コペルニクス像。ポーランドに縁がなければ、多くの日本人は、ショパンのことでさえ、ポーランド出身者であるということは案外はっきり知らないのではと思います。私もそうでしたから。でも、コペルニクスについては、ポーランドへ行くと決まる前から、彼がこの国の出身であることは知っていました。

そして、中央駅から地下鉄で5駅。ヴィラノフスカから歩いて15分ほどで、スケートリンクに至ります。
TOR STEGNYです。(中央駅からバスで行くほうがもっと便利です)

画像


ポーランド選手のスピードスケート開幕戦など、ワルシャワ開催の主要大会はすべてここで。
しかし、開催予定の2日間とも、氷上に人の気配がない。

後で分かったのですが、やはり、当日の開幕戦は2週間後に延期されたようです。
あの気温では無理だったのでしょう。

スケート観戦せずに会場へ来ただけで帰るのは、7年前の帯広ナイター以来です(笑)。
あの時もリスと話をして帰ったのでしたが、今回も、秋深まるワジェンキ公園で、リスに会いましたよ。

画像


また、新婚カップルの撮影が行われていました。空から、ysheartの神の声が。「地球では、互いに愛を感じた若い男女がこうして、新しい門出を祝福されるのです」
…ああ、いつぞやの川越の神社で以来、聞く声だな( ̄ 。 ̄)

スピードスケートといえば、日本では、第80回全日本スピードスケート選手権大会(青森・八戸リンク)で、石澤志穂選手(トランシス)が総合優勝でしたね。
おめでとう、そして世界オールラウンド選手権代表も。(^○^)

なっ!そういうことよ(`▽´)/(笑)
たしか、石澤選手と握手したのは、昨季ですけど、今年の2月にも書いた記憶があります。
ysheartがパワー込めた選手には、相応の結果を出すべく頑張ってほしいものです。

なお、ワルシャワ滞在中には、来年のUEFA EURO 2012(欧州サッカー)の会場となるスタジアム(建設中)も見てきました。ものすごく幅が狭い橋を歩いて渡りました。つよい風が怖かったです。

画像

【2012年6月8日、欧州サッカー大会が、ワルシャワで開幕。ヴィスワ川対岸から建設中の会場を望む】

大会当日は、トラムやバスに乗るべきです(笑)危なっかしいので、私の真似はなさらないでください。

※欧州サッカー選手権2012は、ポーランドの4会場(ワルシャワ、ヴロツワフ、ポズナン、グダンスク)、ウクライナ4会場(キエフ、ドネツク、ハリコフ、リヴィウ)で2012年6月8日から7月1日まで開催されます。(2012年1月3日追記)



…そういうわけで、いま、私は、同国の南東部、日本人が本当に一人もいない小さな街に来ています。

日本にいる然るべき消息の方々とのメールでのやりとりでは、
「楽しいことばかりでしょう。学生はかわいいでしょう」とかおっしゃってくれましたけど、そんなことは全然ありませんでした。
市街地を歩く時も初めは恐怖心でいっぱいだったし、憎らしい学生もいますし。

最近ようやく慣れてきた感じがします。でも、まだまだ課題はいくつもあります。

言葉は、英語を使える場面が多いのでどうにか行けます。気候は、例年に比べ暖かいようですが、このところ、毎日、スケート場にいる心地がしています(笑)
食事は、パン、シリアル、ピザ、ポテトなどが中心ですが、お米(ryz)も小さなパックでスーパーで手に入ります。


そこで、僕は画策した( ̄  ̄)/

冬といえば、しゃぶしゃぶ!ポーランドで、しゃぶしゃぶを作ってみよう!と。
お待たせしました。今年最後の、ハーティー3分クッキングの時間です。


テレレッテ テッテッテ。


。。。 じんどぶり ( ̄▽ ̄)


今回は、しゃぶしゃぶを作ってみましょう。食材は限られていますので、心配です。

昆布だし … × (昆布がない)
しいたけ … × (ない。他のキノコ類は、試したが、やっぱり合わない)※
豆腐 … × (ない。ワルシャワなどへ行くと、店があるそうですが)


手に入って、味も行けそうだと、用意したのは、ロース肉、人参、白菜。
水を沸騰させて(こちらでは水はペットボトルで売られている。ただし、炭酸入りgazowanaではなく、普通のやつniegazowanaにしましょう)、その中に塩など入れてから、食材を入れていく。
大体、30分くらい。

私が東京を出発したのは、9月下旬のある日。風のやや強い、雨の夕方、「よいお年を!」と言って、東京の住処を後にしたのでした。その時、大家さんの方から、餞別に、ポン酢をいただいていたのです。

ようやく、これで、食膳にてそのポン酢をいただくことができます。


画像



やったね(>▽<)v
もっとも、これは、最早、しゃぶしゃぶではないけどな(笑)

余談ながら、白菜がこんなにおいしいと思えたのは初めてです。
日本では、当たり前のように食べていたのに、です。こちらでも、kapusta pekinskaとして、というか、野菜コーナーで一目見て、白菜!ってわかりますから(笑)


☆※しいたけに関して、2012年1月6日追記
実は、年明けしばらくして、近くのスーパーへ行ったら、しいたけがありました!
画像


画像


やはり、SHIITAKEは、他のキノコ類にはない、日本の味があります。調理して今日食してみて良かったです。
☆☆☆☆☆



画像


上の写真は、私のいる街ジェシュフの、けさのようすです(グルンバルツカ通り)。


最後ですが、今年をふりかえると、国内外とも大変な一年でしたね。
震災のあと、絆が大事、助け合いが大事と、言われましたが、それが12月も終わりになろうといういま、果たしてどれだけ意識され続けているでしょうか。
国内の政治・社会情勢を見ていると、自分はなんだか亡命してきたような気分にすらなることがあります。

多くの重要な方々が世を去っていきました。
とりわけ私がこちらへ来てから、柳ジョージさんが亡くなったのが残念でした。一度もコンサートを観れないまま終わってしまいました。

柳さんの1992年のナンバー、「LONG WAY HOME~風がやむ場所~」は、自分の当時の寂しさを支えてくれた素晴らしい曲です。


【参考】→ LONG WAY HOME ~風がやむ場所~ (Live YouTube 投稿者様感謝です)

また、チェコの初代大統領、バツラフ・ハベル氏は、ノーベル平和賞を獲ることなく亡くなられました、12月18日。演劇を通して立ち向かった人でした。


今年をふりかえって、同じ世代が心を共有することが大事だと思いました。
今年の9月17日まで、ここで書いてきたことも、コンサートや音楽のこと、スケートのこと、映画や若手の好きな女優さんのこと、などを通して、想いを共有して、何がいま生きるのに大切なのかを確かめるためだったのだと自分で思います。


☆☆
ところで、カメラは、今回の記事では、今までのものを用いて撮影された写真を載せています。

そのカメラのほうで撮影した、今回の内容に沿った写真をウェブリアルバムで公開中です。→ 中欧の風景1
(2012年1月1日加筆)

ただし、出発前に買ったものをよく使っているので、そちらで撮ったものをまたの機会に。
☆☆

追記ですが、500話記念の記事が、7月3日であったのは、ポーランドの日本表記が「波」であることにかけたものです。また、最後の記事、第521話が、9月17日であったのは、かつて、ポーランドでワレサ(ヴァウェンサ)議長が「連帯」を結成した日付ですが、こちらは本当に偶然でした。


では、大変厳しい年越しになりますが、無事に新しい年をお迎えくださいませ。

―2011年終わり―



p.s.
谷村美月さんへの「Yahoo!JAPAN 年賀状」は、無事に印刷されて、送付されるようです。昨年まではウェブポからのサービスでしたので、少し心配でしたが、安心です。
ヨーロッパにいるあいだに、フィンランドへ行きたいところですが、本業を先ず頑張ります。
※Yahoo!JAPAN年賀状サービスは、1月15日までのようです。お早めに。(2012年1月14日追記)
日本からの連絡で、谷村美月さんからの年賀状が、無事に、東京から私の実家へ転送されて届いたということでした(笑)。安心です。(2012年1月23日追記)



【2011年12月31日追記】
年越しそば代わりに、タイ料理の店でmakaronを食べました、日本時間20時少し前のこと。

こちらは現在15時45分。日本では、NHKで「ゆく年くる年」が始まる時間ですね。本当に、2011年が暮れます。それに合わせるみたいに、こちらは16時にはすっかり日が暮れます。よいお年を。

【2012年1月1日追記】
私の滞在先でも、年明けの花火が上がっていました。すでに寝ていたのですが、音で目が開きました;
あけましておめでとうございます。(現地時間午前0時45分記す)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年12月29日 22:40
 お久しぶりです。
 お元気そうで何よりです。

 私もアイスシーズンに入ってぼちぼちと滑っています。

 今日が今年最後の練習でした。

 年越しは東京です。

 時々で良いので、ブログの更新お待ちしています。

 それでは良いお年を。

 
2011年12月29日 23:04
なとさん、お久しぶりです。

出発前にも見送りのメールをありがとうございました。
また、無事に新しいスケートシーズンを迎えていらっしゃるようで何よりです。

東京で年越しですか!
充実した時間が過ごせるといいですね。

書くのは好きなので、ブログについても時機をみて
更新していきたいと思っています。

よいお年を!

この記事へのトラックバック