大和なでしこJAPAN、世界一!!

なでしこJAPAN、おめでとう!!神奈川県大和市のパブリックビューイング会場で、優勝を見届けました。

画像


女子ワールドカップ ドイツ2011
パブリックビューイング
大和市生涯学習センターホール
2011年7月18日午前3時45分キックオフ


決勝の出場選手:海堀あゆみ、近賀ゆかり、岩清水梓、熊谷紗希、鮫島彩、澤穂希、阪口夢穂、大野忍(後半20分:丸山桂里奈、延長後半14分:岩渕真奈)、宮間あや、安藤梢(後半20分:永里優季)、川澄奈穂美

画像


小田急の大和駅前のホテルに泊まって深夜1時半ごろ(開場1時間前)、会場に到着したころ、70人~100人くらいが並んでいました。
そして、2時半、開場。

場内には、地元の3選手を応援するコーナー。

画像


3時半、パブリックビューイングのイベント開始。
大和市のマスコット、ヤマトンや、サポーターチーム、インフィニティ、大和市長、川澄選手のご両親、元選手の小野寺志保さんなどが挨拶。

3時45分、キックオフ!

画像


前半は、日本チーム、押され気味だが、どうにか、0対0で終了。
ハーフタイム中に、少し会場の外に出たら、もう空が明るくなっていて、時間の感覚がわからなくなった。

そして後半23分、モーガンのロングシュートでアメリカが先制点…!
ああ、やっぱり、アメリカにいきなり勝つのは難しいかーと思ったが、しかし、後半34分、何と!宮間の同点ゴール!
こんなに気持ちよく追いつくとは。

延長戦に突入。14分で、ワンバクのヘッディングシュートが決まってしまう><!
2対1。ああ、何という…

と、ところがー!(`口´;!
延長後半12分、澤がゴール!2対2に追いつく!

このまま、PK戦。

画像


会場内で、女子サッカーの子どもたちも見守る。

画像

【フジテレビの映像】

アメリカがゴールを思いのほか何度かはずす、海堀もしっかりキープ。

ボックス×、宮間○、ロイド×、永里×、ヒース×、阪口○、ワンバク○、熊谷○

最後に、熊谷紗希選手のシュートで、日本、初勝利!!

画像


期待して、東京からやって来たとはいえ、本当に、このysheartが、世界一のなでしこJAPANを見られる時が来るとは思わなかったな。

画像

【小野寺さん】

画像

【フジテレビの映像から、澤穂希選手】

こんな素晴らしい観戦を体験できて、感慨深いことです。

外は、明るい。
不思議な気持ちでした。

画像



そして今朝の号外(朝日新聞)。

画像


大和市のみなさんもありがとう。
いま、この記事を書いていますが、睡眠不足のうえ、これ以上、猛暑の部屋で書き続ける根性がありません(笑)
だから、ここまでにします。

がんばろう、日本!

☆★☆
(2011年7月22日追記)
なでしこJAPANのアルゴリズム体操が、ドイツでも話題になっているとニュースで知りました。
NHKが、公式に、「ピタゴラスイッチ」での放送をアップしているので、紹介します。
→ なでしこ、“アルゴリズム体操”に挑戦(NHKの動画)
☆★☆


梅雨明けから10日が過ぎて、明日は、雨で暑さに最初の一区切りがつきますね。

そして、夏休みのシーズンに入ります、2011年7月。


【2012年1月9日(日本時間1月10日)追記・1月23日補正】
澤穂希選手、女子FIFAバロンドール(年間最優秀選手)を受賞!アジア人選手の受賞は、男女を通じて史上初の快挙、おめでとうございます!佐々木則夫監督も女子サッカーの年間最優秀監督賞受賞おめでとうございました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック