盛岡でスプリント、君を観に行く

きょうの深夜25時10分(30日の午前1時10分)からフジテレビで「全日本スプリントスピードスケート選手権2010」を観ましょう!

画像


第36回全日本スプリントスピードスケート選手権大会
岩手県営スケート場(岩手県盛岡市)
12月28日(火)・29日(水)
第1日:女子男子500m/1000m 1本目
第2日:女子男子500m/1000m 2本目


そのうえでこのレポートを読んでくれれば、マスメディアが伝えることと対照させて、スケート競技をそれぞれの深さでイメージできるのではと、思います。

以下、現金な私は、女子のみレポート。女子選手は、最終的に30人がエントリー。

(早朝発の新幹線の中で眠り、目が覚めるとそこは雪国だった。バスで最寄りの場所まで。競技開始の午前10時に間に合うように会場まで駆け出すysheart)

第1日!

女子500m1本目☆(選手名は左から右へ、インナーレーン、アウターレーン)

1組:中村奈緒美/小林仁子、2組:松田有幾/髙木菜那、3組:工藤朋佳/土田愛、4組:千葉悠/門奈津実、5組:板根茜弥/梅川風子、6組:宮崎麻衣/永田希絵、7組:千葉捺美/大久保あゆみ、8組:小坂千秋/石田誌保、9組:神谷衣理那/佐藤絢香、10組:今井まどか/郷亜里砂、11組:小原悠里/橋本亞弥、12組:清水玲香/辻麻希、13組:仁科有加那/住吉都、14組:髙木美帆/大菅小百合、15組:小平奈緒/黒岩美生

画像

【女子500m1本目第14組】

結果
1位 辻麻希(十六銀行) 39秒73
2位 小平奈緒(相澤病院) 40秒00
3位 髙木美帆(帯広南商業高校) 40秒65
---
4位 大菅小百合(大和ハウス工業) 41秒05
5位 清水玲香(日本体育大学) 41秒17
6位 住吉都(堀技研工業株式会社) 41秒27
7位 黒岩美生(富士急行) 41秒35
8位 神谷衣理那(日本電産サンキョー) 41秒36
9位 仁科有加那(日本電産サンキョー) 41秒37
10位 松田有幾(十六銀行) 41秒38
11位 石田誌保(十六銀行) 41秒62
12位 郷亜里砂(山口SC) 41秒73
13位 髙木菜那(帯広南商業高校) 41秒80
14位 小坂千秋(トランシス) 41秒96
(以上、41秒台)
このほか、
18位 永田希絵(帯広南商業高校) 42秒37
19位 門奈津実(ダイチスケート部) 42秒45
24位 千葉捺美(前橋商業高校) 43秒76

大菅小百合選手が、今季も頑張っているのは、おそらく必然性があるからだ。むしろ必然性しかないと言ってもいい。それはともかく、中堅から上の人が頑張る姿があることは大事だ。


女子1000m1本目☆12時競技開始

1組:仁科有加那/千葉悠
2組:清水玲香/小林仁子
3組:工藤朋佳/門奈津実
4組:中村奈緒美/梅川風子
5組:大久保あゆみ/髙木菜那
6組:板根茜弥/千葉捺美
7組:土田愛/宮崎麻衣
8組:橋本亞弥/小坂千秋

-中間整氷-

9組:今井まどか/永田希絵
10組:石田誌保/佐藤絢香
11組:大菅小百合/郷亜里砂

なんと、600m付近で、郷が、大菅を追い抜いたー!
でかした。素晴らしい!

画像


12組:辻麻希/髙木美帆

最後の200mでは、髙木君が辻を抜いてそのまま逃げ切るようにゴール!ここ、ゴールの瞬間撮れず残念!しかし、面白い><でも残念自分が(どないやねん)。

13組:松田有幾/住吉都
14組:神谷衣理那/黒岩美生
15組:小平奈緒/小原悠里

結果
1位 小平奈緒 1分20秒30(リンクレコード)
2位 髙木美帆 1分20秒94
3位 辻麻希 1分21秒20
---
4位 松田有幾 1分22秒42
5位 仁科有加那 1分23秒43
6位 門奈津実 1分23秒65
7位 住吉都 1分23秒79
8位 黒岩美生 1分23秒81
9位 神谷衣理那 1分23秒90
(以上、1分23秒台)
このほか、
11位 永田希絵 1分24秒30
12位 髙木菜那 1分24秒74
14位 郷亜里砂 1分25秒12
19位 大菅小百合 1分26秒35
22位 千葉捺美 1分28秒91

そんなわけで、1日目の競技は、14時20分ごろ、男子の表彰まですべてが終了。
女子、ここまでの総合成績(タイムが少ないほど速いので、合計点が低い順に順位が高いのです)は、

1位・小平、2位・辻、3位・髙木美、4位・松田、5位・仁科、…の順。
このほか、8位・神谷、9位・清水、10位・髙木菜、14位・門、15位・郷、17位・永田、24位・千葉捺、などとなっています。

千葉捺美選手に、ふと注目したysheartでした。私が注目した選手にはとりあえずいいことが起こります(笑)


画像

【フィギュアスケートの練習をする子】

スケート観戦応援の知人と、盛岡駅付近で、じゃじゃ麺を食べて、この日のysheartのイベントは終わる。駅前のホテルで就寝zzz



明けて、第2日!

女子500m2本目

画像


特に注目していたのは、第5組アウターレーン、千葉捺美、6組インナーレーン、永田希絵、8組インナーレーン、郷亜里砂、9組インナーレーン、門奈津実…
後は、ワールドカップ前半組が混ざってくる。12組には、帯広南商業の髙木菜那がいる。

結果は、
小平39秒33、辻39秒36、仁科40秒30、…の順。おー!仁科有加那選手、来ましたね、ようやく!来なきゃね。

そして、11時5分ごろ、場内放送で、ここまでの総合成績の発表と1000m2本目の出場選手の紹介が。
ここで、1000m2本目が全12組に編成されることがわかる。それはつまり、成績下位の6名が“足切り”されることを意味する。非情だ(`□´;

しかし、24人の最後に、千葉捺美選手の名前が!な、いいことあるだろ、こういう運を持つ人間はさらにいいことがあります(`▽´/
この時点での総合成績は、1位から順に、
小平、辻、髙木美、松田、仁科、黒岩、住吉、神谷、大菅、清水、郷、小原、髙木菜、石田、門、小坂、橋本、永田、佐藤、宮崎、土田、今井、梅川、千葉捺。

画像


男子500m2本目が終わった時点での風速6.8m!雪が降っていたほうが温かいです。

いま…スゴク…寒いです。(すみません、渡部陽一が入ってます)

どっどど どどうど どどうど どどう!

画像


女子1000m2本目☆11時52分競技開始※500m2本目までの総合成績により、全12組で。

1組:千葉/今井、2組:梅川/土田、3組:宮崎/橋本、4組:佐藤/小坂、5組:永田/石田、6組:門/清水、
7組:髙木菜/大菅、8組:小原/神谷、9組:郷/仁科、10組:住吉/松田、11組:黒岩/辻、12組:髙木美/小平

結果は、1位・髙木美、2位・小平、3位・仁科。素晴らしい、仁科有加那選手。
しかしエンジンかかるのが少し遅れた。


そんなわけで、女子の総合成績が決まり、上位6名が、リンク上で、橋本聖子会長らから表彰される。

1位・小平奈緒、2位・髙木美帆、3位・辻麻希、4位・松田有幾、5位・仁科有加那、6位・住吉都

松田有幾選手が、表彰台ぎりぎりの位置にまで来ていることや、辻麻希選手が、今や、日本を代表して世界へ挑む一人となったことを嬉しいです。

この、住吉都選手の受賞は立派ですね!ジャパンカップ第2戦(真駒内)の時は、表彰台に立って、北海道新聞の記事にもなりました。僕が観戦した日は同じく風がつよくて結果が出せなかったようですが、今日は良かった。
その調子で、丁寧に、丁寧に、小平に追いついていきましょう(^。^)(←池上彰が入ってます、すいません)

小平、髙木君の両名は、表彰式の後などでインタビューやファンサービスに対応。
これからスケーターとして未来がある子どもたち、中高生、そして年配の方が多いので、僕など、いるとかえって邪魔。早めにその場を退散。

昨日の知人と、盛岡駅前で、冷麺を食べる。辛口で温まったぞ。

画像


今回の盛岡遠征は、よほど止めようかとぎりぎりまで迷っていましたが、盛岡といえば、これまで、シーズン終盤の選抜大会のナイターがほとんどで、テレビが入る、しかも、ワールドカップ後半戦の派遣選手を選考する大きな大会は初めてだと思うので、見届けようと、出かけました。

日本スケート連盟サイドも、会場で見ていてもかなりの力の入れようで、建物の2階は報道関係者の専用ルームになっていました。段取りも、第1日は、バタバタしていましたが、ともあれ、2日間、無事に終わったもようです。

知人とも話したことですが、高校生の勢いをこの大会でも顕著に見ることができました。


☆★☆★☆
さあ、出場した選手諸君、凍死しそうなコンディションの下で、よく頑張りました、お疲れさん!
大変だったろう(`▽´/!

80年代後半にヒットした、クリスチャン・メタルの洋楽の曲でも聴いて温まってくれたまえ。

氷の湯、と聞こえます。
氷のスポーツの応援だけに、そんなふうに聞こえるやつを選んだ。

今年が、とら年だったことにふさわしい、映像と、なってます。

→ ストライパー/「コーリング・オン・ユー」(YouTubeから)

You,youmake my life complete
You give me all I need..

☆★☆★☆

☆(12月30日追記)★
第1日の様子を、(ウェブリアルバム)で写真公開。よろしければご覧ください。→ 第36回全日本スプリント(前編)

第2日(最終日)の様子は、こちらで。 → 第36回全日本スプリント(後編)

みんな、寒い風を受けての競技でした。
☆★


さあ、私のスケートレポートですが、たとえばですね、前回、ワールドカップ帯広大会のレポートが思いのほか、アクセスが伸びておらず、テンションガタ落ちでしたが、自分のレポートが、これから選手を応援したいと思っている20~10代の人々に役に立てるなら、年明け以降も続けることは吝かではありません。

年明けの観戦スケジュールは未定ですが、自分が行って意味のありそうな場所には出かけたいものです。
僕は、この10年間、選手に迷惑がられる動きをした覚えはありませんし、バチが当たるようなことをした事実もないので、行くべきと考えれるうちは行きます。応援活動の引き際は自分で決めます。

ともかく今回はいろいろな意味があったと思う。盛岡から花巻にかけての、ソルトレークシティーを思わせる広大な風景を〈やまびこ〉の車窓から眺めながら。

画像


わたしたちは
氷砂糖をほしいくらいにもたないでも
きれいにすきとおった風をたべ
桃いろのうつくしい朝の日光をのむことができます
(宮沢賢治)

アイススケートの2010年レポートは、これにて最終回。そして、次回は、ys-hearty-blog、2010年のラスト記事です!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

なとさん
2010年12月30日 08:38
 お疲れ様でした。
 私は23時半過ぎ、無事に日付変更前に帰れました。(笑)
 途中休憩なども含め、8時間ほどかかりました。

 千葉捺美選手は、伊香保のリンクでいつも一緒になる仲間です。
 これからも応援よろしくお願いします。
2010年12月30日 09:48
なとさん、お疲れ様でした。
盛岡では食事などいろいろとありがとうございました。

帰りの時、これから7時間かかると聞いて吃驚しました。
東北の旅は、しんどいですね(笑)

こちらも、今から急いで、年の瀬の雑用などせねばなりません。

伊香保の仲間は、楽しそうですね。千葉捺美選手も応援していきます。
それでは、今後ともよろしくお願いいたします。
フミ
2010年12月30日 12:09
はじめまして
自分はスカパーで全日本スプリント観戦しました。
メディアは二日目の千メートルは妹の美帆選手の1位が注目されましたが姉の菜那選手も二日目の千メートルは7位と健闘してるんですよね。
菜那選手の総合9位は高校生では大健闘ですけど、妹が凄すぎて…(^_^;)

男子の総合優勝した羽賀選手と同級生の永田選手ともに来年日本電産サンキョーで頑張って欲しいと思います

まずはインターハイやジュニアの大会ですけど。
2010年12月30日 13:47
フミさん、はじめまして。

菜那選手は、先日のジャパンカップ(札幌)3000m優勝で注目された後も、進境著しいですね。
500m2本目終了時点で総合13位、そこから総合9位と本当に大健闘されてるので、羽賀、永田各選手とともにサンキョーのワンピを着ての活躍が、今から楽しみです。

テレビのほうは、自分も地上波ですが観ました。
当日のスケジュールは、女子1000mの後で男子1000mですが、順序を変えて放送されていたし、美帆選手など一部の選手がクローズアップされるので、実際のところは、他にも面白いドラマがいくつもあるのだということを、メディア以外で伝わる機会って大事だなあと思います。

菜那選手も、いつも、“美帆選手のお姉さん”と紹介されるのは本意でないでしょうね(^^)インターハイやジュニアもよい戦いの思い出にしてほしいと思います。

コメント、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
2011年01月07日 19:41
初めまして。大山と申します。
私も大会一日目だけでしたが、写真を撮りに行っておりました。わたくし、小平選手のファンなもので。
スピードスケート、ショートは大好きな競技なのですが、広いネットを探してもなかなか同じ嗜好のかたがおらず、スピード系の人気の無さを痛感しておりました。そんな中で見つけたので、一見してレポートの量には感動しました。ここまでスピード系に力を入れているサイトは他に知りません。これからも度々、拝見させていただきます。
(実は私は江戸川スポーツランドの近所に住んでおりまして、年末のショートや昨年の相模原のアジア大会など、何度も同じ場所でニアミスしていたようです)
2011年01月07日 21:00
大山様、はじめまして。

スピード系のサイトとして喜んで拝見していただき、相模原のアジア大会など他の記事もご覧いただけて、大変にうれしく思います!
コメントを読んで、私、少しやる気が戻ってきました(笑)

仰るように、スピードスケート、ショートトラックは、ネット上でなかなか盛り上がらない!(だから、これらの競技について最近の私の作業は、ネット上では、公式サイト参照と自分のサイトの更新がほとんどです…)

しかし、先ほど早速、貴ブログを訪問させていただき、いらっしゃるものだなあと。写真は勿論、門選手や郷選手にも言及されているのが素晴らしい!

私も小平選手のファンですが、高校生など新しい選手で有望な人が増えてきたのを見るにつけ、多くの選手に日本代表の座を競い合ってほしいという気持ちでいます。誰が来るか分からないところがある、今季はこれまでと違う面白さを感じます。

水辺のガーデンもあって、ショートだけでなくいろんなスポーツの息吹を間近に受け取れる場所にお住まいとは羨ましい(笑)
こちらからも、また、大山様のブログを見にうかがいます。今回は、よいコメントを、ありがとうございました。

この記事へのトラックバック