SUMMER TIME COME …倉木麻衣さんと、ハートの氷

先月30日に、池袋サンシャインシティ噴水広場で行われた、新曲『SUMMER TIME GONE』発売記念イベントに続いて、今日14時からは、後楽園のラクーアガーデンにて、倉木麻衣さんの〈miniLIVE&touch会〉がありました。

※『SUMMER TIME GONE』は、KOSE ESPRIQUE PRECIOUS CMソングであり、TVアニメ『名探偵コナン』OPテーマでもあります。作曲は、大野愛果さん!

画像


連日、猛暑の止まらない東京でしたが、今日はそんな中にも大きな雲がかかることがあって、昼にもかかわらず、暑さに弱い私ysheartにとって最悪の炎天下…にならず、乗り切れたのでした。

今日の麻衣さんですが暑い中、気合が入っていたのでしょう、司会のトヨハラさんを凌駕する発語量でトークを展開しました。内容は、池袋とほぼ同様で、おおよそ、以下のとおり。

「お元気ですか、炎天下の暑い中を来てくださってありがとうございます!はじめましての人、私が倉木麻衣です!」
「季節は秋になっていくはずなのですが、SUMMER TIME “COME”という感じですね…冷えましたか?(笑)夏の終わりの頃は、これまでも、『Feel fine!』、『DIAMOND WAVE』など、アップテンポで、ライヴでも盛り上がる曲が多かったのですが、今回は切ない、葛藤を歌った曲になっています。でも、その中にも前向きに進んでいこうという想いを込めています。カップリングの『anywhere』は、ジェットコースターが来てますが(ラクーアステージの周りを轟音を立てて走っています)ノリのいい曲です」

コーセーのCMのイメージキャラクターは2年目ですが、今回は、初めてウィンクをすることになって、人生で最初で最後になるだろう、何度もテイクを撮った結果、あのようなウィンクになりました。かっこいい人たちに囲まれて」

「私はパワーストーンが好きなんですが、〈ローズクォーツ〉というのは、恋愛をかなえるパワーがあるということで、池袋でもみなさんに差し上げたのですが、今日、touch会に来てくださったみなさんにも、お配りしたいと思います」

「先日、東京大神宮で、『SUMMER TIME GONE』のヒット祈願をして(その時の写真を見せる)、『サマータイムゴーンかしこみかしこみー』と(笑)。そこの御神籤が具体的で。てんびん座、AB型の方との相性が良いらしく、また、『ワインの美味しい、海の見える場所が良い』そうです(笑)」

このほか、トマトは、砂糖で食べると。フルーツトマトが流行っていることにもふれまして。15分ぐらいがあっという間に過ぎて、ニューシングルの新曲『SUMMER TIME GONE』を披露。池袋と同様、ここでバックダンサー4人登場。
この4人のダンスは、池袋の時にも思ったけど、切れの良さが凄すぎる。感動。

麻衣さん退場の後、ステージ上は、touch会の特設テントの準備。司会のトヨハラさんが話していると、「はいはいはい…」と、やはり、出てきたか、その男トーマス!
池袋では姿を見せませんでしたが、やはり、全然来ないはずがない(笑)真っ赤なふちの眼鏡。

麻衣さんが再び姿を現し、touch会スタート。
この間、トーマスが、ナンちゃんとトークをして、ぼんやりした時間を和ませる。ナンちゃんは、「Love, Day After Tomorrow」の作者、西室斗紀子さんです。

そしてさすが、気が利いているというか、ここで、トーマスは、麻衣さんのバックダンサー4人をステージに呼んでくれました。
客席から見て右から(つまりトーマスが立っている側から)リーダーのkyokoさん、YU(ゆう)さん、KAORI(かおり)さん、そして、きぬ(KINUE)さん。それぞれ、麻衣さんが一緒にいて気を遣ってくれる人だ、天ボケだとか(これ言ったの、たぶんKAORIさん辺りw)。※その時、KAORIさんとKINUさんがナンちゃんの側にしがみついて、YUさんとkyokoさんの方を見てた記憶があるので、言ったのはYUさん、kyokoさんか(笑)(10年9月6日追記)

きぬさんが、「stay with me♪」と、左手を胸の前にかざすトコが、振付のポイントであると。
4人は、短いが楽しいトークでした。YUさんとは目が合ったぞ、ウワイ(`▽´/w

トークは続く。
トー「麻衣ちゃんを囲んで食事するのがいちばん楽しいな」
ナン「そうですね」
トー「麻衣ちゃんは、これ美味しいわよ、これ美味しいわよ、って自分はちょっと食べて終わり。気遣いするんだね」

時々、touch中の麻衣さんに聞く。
ナン「夏になると好きな色は」
麻衣「エメラルドブルーですね
トー「ウン。エメラルドグリーンね」

そんな多くの話の中から以下、特に印象的な箇所のみ抜粋すると…

こういう握手会(touch会)の場合、男性でピュアな人に多いのだが、握手の瞬間に下を向いてしまう人がいる、これは勿体無いこと。相手と(ここでは、麻衣さんと)視線を合わせることが大事。そして『私が誰それだ』と言うくらいの気持ちで向き合うと良い、と。
麻衣さんとの時間は3秒だが、3秒がすべてあなたの時間だ、その時間の中で、『好きだよ』と言うとか(笑)。

touch会でのタッチは、そっと触れる感じで実演してみせてくださいました。あまり勢いのあるタッチだと麻衣ちゃんが痛がるので。

…この辺のトーマスの話、なかなか良い!(笑)シンプルだけど案外、肝心なトコですよねえ。

また、今回の『SUMMER TIME GONE』についての話で、ふっと「80年代の感じがあるね」と。
たしかに、メロディの起承転結がそういう良いエッセンスを感じますね。

あと、トーマスは、自分の心はわりと若いと。「10代の心。ローズクォーツのようなピンクの心。傷つきやすい」と。…案外そのとおりかもですね(^^;)

touch会は、14時半ごろからスタートして、16時7分に終了。1000人は参加者がいた気がしますが、途中、麻衣さんの休憩を入れながら、スムーズに進んだ感じです。
司会の方が「(プレゼントの)石が足りない…」と言うと、「石ではないな…ローズクォーツ!」と、トーマス(笑)
結局、touch会参加者全員にどうにか、そのピンク色の水晶は配ることができたようです。

最後に、トーマスの提案で、麻衣さんから、お客さんに向かって、CMで演っているのと同じウィンクをやってもらうことになり、まず、司会のトヨちゃんを麻衣さんに見立ててリハーサル。そして、麻衣さんがステージ上に戻ってくると、会場からのQ&Aを、ナンちゃんが「巻き巻きで行きます」と。

肌をきれいに保つ秘訣は、「日陰、日陰を探して歩く」(笑)。あと、「野菜を摂る」。
学校時代の思い出。「三点倒立ができるようになった」、お化け屋敷での出来事。

そしてその後、トーマスの質問「毎年毎年、スキューバダイビングをすると聞いてるが」。
答え。「(なかなかやるきっかけができないので)聞かなかったことにしてください」

それから、そのまま、ウィンクへ。

1回目は、両目を瞑って頭を左に傾け(>ー<)!(笑)
テイク2。今度は、左目だけで無事、大仕事を果たした、麻衣さんでした。

さらに、麻衣さんから「今日は暑い中、来てくださってありがとうございます!10月9日には、ハロウィーンライヴを演りますので、楽しみにしていてください。今日は最後に、皆さんで『chance for you』を歌いたいと思います」。
「麻衣さん、あなたは素晴らしい」と、トーマスから言葉。そして、皆で、同曲のサビをコーラス。


傷つく事を 恐れず今は/勇気を持って
君を生きてみようよ/僕はいつでも そばで見てる chance for you


16時33分終了。「ライヴでお会いしましょう!」(麻衣さん)

画像


夕方、きれいな空の色が、ステージ上の麻衣さんのジャケット写真に映えていました。



さて、30日の池袋でのイベントの模様にもふれておくことにします。

こちらでは、恋愛の体験についてもお話ししてくれました。自分から告白したのだけれどだめで(失恋して)「泣きましたね」と。「結果が残念であっても、前向きに生きていこう」という想いを込めて、今回の新曲を書いたと。
今年の夏は夏らしいことができなくてずっとスタジオでいたということです。
また、サンシャイン国際水族館には、よく行って、クラゲの展示などが楽しかったそうです。

クラゲ!(=ysheartの化身)


休館になって、少しさびしいysheartです。5年前に東京へ来て最初に遊びに行ったスポットでしたので。

噴水広場には、ハート型の氷が置かれ、ローズクォーツが中央部に埋め込まれ。麻衣さん退場後に、氷に触れて帰ってきました。ysheartの恋愛成就は近いということか。いや、それは分からぬ(笑)

画像


そんなわけで、倉木麻衣さんに会うのは、今年は初めてとなったysheartでした。
今日のtouch会は、〈原則、あっさり〉の方針にのっとり、「暑い中、ありがとう」と伝え、トーマスのアドバイスどおり、軽めにタッチして視線をちゃんと合わせて、麻衣さんとの3秒を過ごせました。

画像

【この写真で涼んでくれれば… 笑】

それにしても、秋の風はいつ吹いてくれるのでしょうね、本当に暑くて大変ですよ。2つ重なった高気圧はどうなってるのか。水不足は深刻にならないか。思いながらの、2010年9月です。

追記。バックダンサー、kyokoさんのブログは、こちら。 → kyoko

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック