ys-hearty-blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 明けまして ―2010年ブログ初め―

<<   作成日時 : 2010/01/04 23:57   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2010年、明けましておめでとうございます。

画像



安城の実家でゆっくりしています。2010年の記事は、三味線と映画から、イオン岡崎にて。

まず、1月2日、恒例の「津軽三味線演奏」。

画像


演奏者:Ron-eR龍二YUKARI
11時、15時の2回。ysheartは、15時から鑑賞。


昨日(1日)東海地方に入ると、こちらでも雪が舞っていたという龍二さんの話。「さっきできたばかり」という曲から。

1. 津軽の風

速い演奏で始まったのがスローテンポになって、また変化があってと、組曲風の展開。

龍二さんの話。津軽では寒くて外にいると口が凍ってしまうので、言葉が短くなる、と。
道でばったり出会った時の短い会話を教えて下さいました。

「どさ(どこへ行くのか)」「ゆさ」「なさ(あなたは)」「えさ(家へ帰るんだ)」「へばな(じゃあね)」

お客さんにMM(ミム・メム)の練習(笑)。

この東北人の会話の話をysheartは、8年前、岡崎の元アナウンサーの先生から、「ゆさ」まで聞いたことがありますが、そこから後は初めて聞いたので面白かったです。

2. 津軽あいや節

「あいや節」は、九州・長崎から佐渡へ、さらに津軽に伝わって徐々に曲調が変化していったそうです。津軽の旧ヴァージョンも含め、3ヴァージョンはさわりを演奏。それから、現在の「あいや節」を演奏。

次は、お客さんの左側と右側の人と、手拍子を練習してから、曲へ。津軽の盆踊りの唄。

3. どだればち

昨年のことを思い出した。
曲の途中で、YUKARIさんが三味線を。。



置いたーーーーー (`▽´/!!(笑)



手拍子に合わせてYUKARIさんが踊りました。

次の曲へ。悪いことは去ってしまえ、との意味が込められた曲。ここで、寅年生まれのお客さんにロン・アールのCDをプレゼント。YUKARIさんとのジャンケンで勝ち残った二人へ。

龍二さんMC「急に寅年になった人がいるみたいだけれども、CDは2000円で販売しています(笑)」

4. 津軽よざれ節

最後は、ふるさとを思う心を表した曲。

5. 津軽じょんから節

15時33分終了。

画像



終演後、2008年の演奏から聴き始めて3回目のこの日、ようやくお二人に挨拶が出来ました。


ほっとしたぁ。。(o_ _)o 笑


元日ひさびさにゆっくりと過ごしてアタマがスローに回っていましたが、お礼もお伝えでき、これでぱーっと目が覚めました。

YUKARIさんの衣装は、今回は青で少し祭りと三世諸音の世界に繋がる感じか、絢やかさがあってかっこよかったです。龍二さんは最低でも2年分は若返っていらっしゃいました。

※後で誤記について加筆・補正しました。(1月5日追記)



そして今日4日、イオンシネマにて、映画観賞。今年は、洋画で幕明けです。

画像


2012』(字幕/2009年アメリカ映画/上映時間:2時間38分)

CAST(カッコ内が役名):
ジョン・キューザック(ジャクソン・カーティス)/キウェテル・イジョフォー(エイドリアン・ヘルムズリー)/アマンダ・ピート(ケイト)/オリヴァー・プラット(カール・アンハイザー)/タンディ・ニュートン(ローラ・ウィルソン)/ダニー・グローヴァー(トーマス・ウィルソン)/ウディ・ハレルソン(チャーリー・フロスト)

監督・脚本・製作総指揮・・・ローランド・エメリッヒ
※同じく製作総指揮のウテ・エメリッヒは、妹。
製作/脚本/音楽:ハラルド・クローサー

STORY:
【2009年。惑星の直列により、太陽の活動が活発化。強い放射線によって地球の核が熱せられ、2012年に世界は終わりを迎える―。この事態をいち早く察知した地質学者のエイドリアンは、大統領主席補佐官のアンハイザーに報告。米大統領のトーマス指揮のもと、世界各国の首脳にも伝えられ、世界中の人々には知らせぬまま、巨大船の建造が密かに開始された―。
2012年。売れない作家のジャクソンは、離れて暮らしている二人の子どもたちと久しぶりの旅行に出かけていた。イエローストーン国立公園の禁止区域に侵入したことで兵士に連行されたジャクソンは、調査に訪れていたエイドリアンから「この辺一帯が、不安定な状態だ」と警告される。】(パンフレットから抜粋)


パンフレットにもあるように、エメリッヒ監督といえば、“ディザスターの巨匠”。これまで、『インデペンデンス・デイ』(1996年)、『GODZILLA ゴジラ』(1998年)、『デイ・アフター・トゥモロー』(2004年)など、ディザスター・ムービー(災害によって混乱する人間世界を描く映画)の大作を手がけてきた方です。『デイ・アフタートゥモロー』は、以前このブログでも採り上げました。

いわゆる“パニック映画”を僕は好きです。子どものころ、TVで、『タワーリング・インフェルノ』(1974年。監督:ジョン・ギラーミン、主演:ポール・ニューマン)や、『カサンドラ・クロス』などを観た記憶があります。
今回の映画のプロデューサー、ハラルド・クローサーは、『タワーリング・インフェルノ』を最も好きであると、パンフレットに記されています。

当初、監督は「もうディザスター映画はやりたくない。ジョークにされるだけだから」と否定的だったものの、むしろ開き直って、『2012』をとてつもなく大きな作品にして、ディザスター映画を終わりにしようと思い、「方舟にG8サミットのような世界のトップを絡めれば、おもしろくなると考え」、「ノアの方舟をアイデアに採り入れた」と。

『デイ・アフター…』でもそうだったが、日本がわりと随所に顔を出してくるのが嬉しいです(笑)
クライマックスでのG8の日本代表、スゴク地味に映っていますが^^;

画像

【映画の1シーン(パンフレットから)】

多くの登場人物が命を落とすのは辛いところではありますが、そういう描写が災害の恐怖と壮絶な展開に混ぜ合わされるなかで、人間性とは何かという問いへの答えを見出そうという気持ちにさせてくれるのが、このジャンルの面白さだと思います。

今回の作品も、CG映像も迫力があって、ひとつの特徴ではあるけれど、ストーリーがシンプルで強固に貫かれていることが2時間以上の時間を長く感じさせないこの作品のいいところです。

パンフレットで、「大災害の到来を知っている政府側の人々と、何も知らないままのその他大勢の人々という異なる立場から描かれる物語」とありますが、キウェテル・イジョフォーやオリヴァー・プラットも言っているように、「政府が誰に知らせるか誰を救うかといった決断を迫られる映画」にしているおかげで、リアリティあるヒューマンドラマとしても楽しめるのだと感じさせます。

ジョン・キューザック演じる作家の、家族との葛藤、愛情がしっかり描かれていました。


さて、このブログでは、私ysheart(ワイエス・ハート)が、どこかで何かを観てきたことを通して、自分の想いを綴っています。
中心となるテーマは、アイススケート(スピードスケート、フィギュアスケート、ショートトラック)です。が、日々想ったことを書くのに、対象ジャンルを超えるほうが自由になれると思い、テーマはスケート以外の多くのジャンルへと拡がりました。
おもなテーマは、観てきて書けること、音楽のコンサート、映画、演劇、スケート以外のスポーツ、写真展、など。また、最も影響を受けた、1980年代後期の洋楽の紹介に情熱を持っています。

もっとも、今年は、中長期的な戦略をもって取り組まなければならないことがあるので、昨年までと異なり、これまでこのブログで蓄え、結晶させたものをベースに、いくつかの対象をしっかり見ていくような内容になるのでは、と、予想しています。

そこで、スケートについてですが、今月は観戦の予定はありません。先月までで、バンクーバーオリンピックへ向けて旅費を投じて各地へ出掛けたので、少し休みたいと思います。
国内では今月16〜17日、帯広で世界スプリントが開催されますが、新聞などの情報で、選手を見守って応援していきます。

そのほかについても、特に予定は入っていないので、今年の序盤は更新は地味に進行すると思います。
ショートトラック3000mのスタート直後の周回をイメージしてね(^ ▽ ^ ;)

画像


初詣では、賽銭に1000円投じました、女子1000mに願いを込めて(笑)。
何より500mの新谷志保美選手、小平奈緒選手等に期待しています。帯広での世界スプリントがそのステップとして機能することをお祈りしています。

それでは、今年も、ys-hearty-blogをよろしくお願いします!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
 明けましておめでとうございます。
 昨年は色々な場所でお世話になりました

 本年もよろしくお願いします。

 それと、「COACH」の試写会の観覧者を募集していました。
 平日の都内で夕方から行われるので、ご都合がつくようでしたら調べてみて下さい。
なとさん
2010/01/05 22:01
なとさん、明けましておめでとうございます。

こちらこそ、昨年は、本当にいろいろな場面で、
お世話になりました。

「COACH」もそのひとつで、貴重な体験になりました。
試写会の観覧者募集、見ましたが、5組10名様ですか…(-_-)(笑)
もう少し調べてみようと思います。

年初の情報ありがとうございました!
今年もよろしくお願いします。
ysheart
2010/01/05 22:32
ysheartさん♪
2010年、いよいよ始動ですね!
今年もどうぞよろしくお願いします。

恒例の津軽三味線演奏ですね〜
聴き始めて3回目のお正月ということですが、
私も“龍二&YUKARIさん”の記事を拝読して3年目・・・早いっ!
今頃ですが、【Ron-eR】←何てお読みするのでしょう?
口が凍るから短い会話!?、面白いですねー^m^
因みに私の地元では、鼻が凍ると表現します(笑)

気になる年初めの1本は、『2012』でしたか!
これは意外です。フェイントだわ?(笑)
私はノミの心臓なので、逃れようのない映画館では
本作は観ないと思いますが・・・DVDになったら観てみたいな。
『タワーリング・インフェルノ』は名作ですよね〜
あと『ポセイドン・アドベンチャー』とかも・・・
子供の頃から、○曜映画劇場で何度観たことか!

今年の御賽銭は御札が殆ど無い。とTVでやってましたが、
自分以外のことに1000円投じるとは、
流石ワイエス・ハート!!(←いきなり呼び捨て!!)
2010年は、絶対に福が来ますよ〜
ysheartさんにとって、素敵な1年でありますように!ヽ(´∀`。)ノ
Any
2010/01/09 09:16
Anyさん、こちらこそ、2010年もよろしくお願いします!

三味線にロック・スピリッツを感じさせてくれるRon-eR(←【ロン・アール】と読みます)のお二人の演奏で始まる正月、はや3年目…

凍るのは鼻ですか…、北海道のその辺りでは、顔の中で、外界から見てカムイや自然にいちばん近いパーツの先端の感覚に対して…

お茶を ( ;^^) _旦~~

感覚に対してデリケートだということなのか…とゆうふうに一見知的だけど案外テキトーに考えてみたり、あと、トナカイを思い出します。

『タワーリング・インフェルノ』は、僕も○曜映画劇場で2回は観ました(^^)。
いずれも前編と後編で2週にわたったのを記憶してます。
1回目は前編しか観なかったですが、2回目は後編も観て、ああこういう展開になったのか、と当時静かに興奮しながら観てました。
『2012』も、身を乗り出しそうになって観ましたが、あるべき方向に向かうストーリーなので、年初から地球の終わりの映画とはいえ、楽しく帰って来られましたよ(笑)

お賽銭ですが、いろいろと省みると、自分のことは結局自分しだいであるという気がするので、自分以外を含めて、自分の想いが及ぶ全体の(笑)お願いをしようと思った訳です。
で、ここは呼び捨てで決めたいトコですよね(笑)
2010年を、時の流れの速さに見合うだけの中身のある1年にしたいと思います。
Anyさんにとっても良い1年でありますように!
ysheart
2010/01/09 12:55
ysheart さん
明けましておめでとうございます
ごゆっくりと聞いていたのでブログの始発が早くて遅れをとってしまいました(笑)

『2012』で吟じます<m(__)m>
やっと話題についていけそうで今年は、なんだかいけそうな気がします〜〜〜♪  あると思います!(〃▽〃)

昨年末、劇場で観ました。
ノストラダムスの次はマヤ暦かいってな感じでしたが
建物が地球内部の異変で次々に倒され吹き飛んでいく場面は圧巻でした!
方舟が巨艦4隻用意してありましたが、日本人はいませんでした、いませんでした(笑)


ysheart の好みではないかも知れませんが『アバター』も観てきました。
こちらは3Dなどの映像技術は、さておき侵される者と侵す者という同時の立場から見ると実に感慨深い映画でした。
地球人が異性人であり侵略する者に回るという・・・
かつてのマヤやアステカなどの文明がヨーロッパ人に侵されていくのとかぶりました。
すいません。。記事からズレてしまって(((( ;゚д゚)))アワワワワ



ysheart さん、運を引き寄せるように今年もこちらのブログで元気貰っていきますのでよろしくです^^
ysheart さん良い1年でありますように  謹んで









ジャム80
2010/01/10 02:25
ジャム80さん、明けましておめでとうございます!

気持ちは、ゆっくりなんです(笑)当面、スケート観戦やコンサート鑑賞の予定もないし…更新がゆっくりペースになると思います(*^_^*)

ジャム80さんの映画記事へのコメント、これまでありそうでなかった気がします、新鮮だ(`▽´/!
日本人たしかに、G8の人以外ゼロだったかも知れません、儚い話ですね(^^;
お正月に観るのにちょうどいい感じの作品でした。

『アバター』は昨年下旬、公開初日に観たんですよ。
“地球人が異性人であり侵略する者に回る”…まさにそういうイメージでしたね。
僕自身は、「ウルトラセブン」のエピソード『ノンマルトの使者』を思い出しました。
ノンマルトと海獣ガイロスが倒され、キリヤマ隊長が「地球人の勝利だ」と喜んだけれど、もしノンマルトこそが地球の原住民だったら…そういう話でした。

ジャムさん、良いスタートが切れたみたいですね。吟じていただいて…(笑)お互いに良い1年になるよう頑張りましょう!!
ysheart
2010/01/10 10:23
ysheartさん、先日はコメントありがとうございました

日テレの『キレてもいいですか?』
16日のテレビオンエアに先駆けて
南沢さん出演のストーリーが先行配信されているようです^^
http://www.ntv.co.jp/kiretemoiidesuka/
moppi
2010/01/15 19:54
moppiさん、情報、本当にありがとうございました!
とっても参考になりました。

南沢さんの先行配信分を見て、笑いました(笑)。
期待した以上に良い!
ローサさんのキレるストーリーも楽しみですね(^^)

明日は、2010年の南沢さん応援初めができそうです。
ysheart
2010/01/15 20:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
明けまして ―2010年ブログ初め― ys-hearty-blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる