ys-hearty-blog

アクセスカウンタ

zoom RSS #805 武蔵野の森、エビ中、新体操

<<   作成日時 : 2017/11/25 21:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、バドミントン、近代五種フェンシング、車いすバスケットボール(パラリンピック)の会場となる予定の施設がオープンしました。僕は、6時台に並びました。なぜなら…


武蔵野の森総合スポーツプラザ
オープニングイベント
2017年11月25日(土)
入場無料



画像



家を5時過ぎに出て、6時過ぎに、京王線「飛田給」下車。
スタッフの案内がなかったので、競技場の敷地を大きく一まわりして、入場。

10時45分から開演の、私立恵比寿中学のスペシャルライヴを観たいので、6時からできた入場列に並びました。
8時15分に、整理券が配布されるまで、寒い中、本を読みながら待ちました。
いつぞやの大阪の、ミュージカルの当日券の列で待ったのを思い出すなあ。。(今年3月4日の話、このブログ上で跳べ)

味の素スタジアムのほうから太陽が差して、だんだん温かくなってきました。

画像



そして、無事に、9時入場。
新築の香りです(笑)
そして、メインアリーナ大変素晴らしい。ここは、コンサートにも使えますね。


10時から、オープニングセレモニー開始。
来賓、オリンピアン・パラリンピアン・アスリートたち、アイドルグループ、「私立恵比寿中学」(通称、”エビ中”)も中央(反対側のスタンド席寄りに特設)のステージに登壇。
小池都知事らのあいさつ、キッズのチアダンスのパフォーマンス、みんなでラジオ体操!などに続き、
エビ中のOPENING SPECIAL LIVE!がスタート。


エビ中は、3番・真山りか、5番・安本彩花、6番・廣田あいか、7番・星名美怜、10番・柏木ひなた、11番・小林歌穂、12番・中山莉子の7人。

7人がovertureの音楽で登場してから、以下の通りに進行。


1. 頑張ってる途中
2. シンガロンシンガソン

自己紹介

3. なないろ
4. 感情電車


メンバーが「この施設ができて、いちばん最初にライヴする」ことに感動しているという話をしました。
僕も、そのような記念すべきライヴを見届けることができて、うれしく思います。


このあと、車いすバスケットボールのエキシビションマッチが行われ、柏木ひなたさんが始球式を務めました。
ゴールできませんでしたが、これは、車いすに座ってのシュートだったわけです。


さて、昼は、パエーリャを食べて休憩。
スタンプラリーに興じるysheart!
どんなメリットがあるわけでなくとも熱中してしまう。。
プールの無料券は外れまして(当たっても遠方の私には微妙でしたがそれはいいとして)。


画像



14時から、「アスリート&アーティスト トークショー」。谷本歩実さん(アテネ、北京五輪柔道63kg級金メダリスト)、立石諒さん(ロンドン五輪男子200m平泳ぎ銅メダリスト)、小椋久美子さん(バドミントン元日本代表)、畠山愛理さん(新体操団体元日本代表)、三宅克己さん(だったと思います)(元車いすバスケットボール日本代表)、そして、エビ中からは、真山りかさん、安本彩花さん、星名美怜さんの3人が登壇。


真山さん「(柏木さんが始球式を務めた件で)足をつかわずにボールを投げるのは難しい。ここから、彼女の(柏木の)肩を鍛えてもらって…」
星名さん「(この会場を使ってやってみたいことは、の質問に)運動会ができると思う。自分たちと、ファンのみなさんも参加して」
安本さん「(メンバー中最も走るのが遅いとの話から)いちばん風の抵抗を受けやすい走り方だと言われてるんです」
ここで、舞台から降りて、安本さんがそのフォームで遅い走りを披露。真山さん星名さんが追いかける(笑)

安本さんの「(アスリートたちに)試合前にやるルーティーンとかあるんですか?」という質問に対して、
新体操の畠山さんは、
「チームスポーツなので、みんなで同じように集中することをした。かかとを上げた状態のままになる。また、みんなのお尻をたたくと、落ち着くし、みんな一つになれる良い時間だと。試合前には痛みを感じないが、終わった後にお風呂で見ると、手形がついていたり」
というエピソードを話して下さいました。
小椋さんは、「RUNNER」を聴くと。

安本さんは、「メンバー間で(ライヴ前に気持ちを)興奮させるために、うちの中山(莉子)が考えた体操があるんですが」といって、3人で、実際にやってみせてくれて、会場が和んでいました(笑)しかし、テンション確かにハイになるのはわかります(笑)

このあと、それぞれのアスリートの皆さんが初めてオリンピックに出た時の気持ちを話してくださって、トークショー終了。
この中で、三宅さんの話はシンプルながら少し心に残りました。「オリンピックが観られなかったからとか、チケットが安いということでパラリンピックを観に来てくださる人が多いが、パラリンピック出場の選手は、それぞれ(不自由さの内容が)違う。それぞれが残った機能で全力でやる中で、気付きを与えてくれると思っている。」…そういうところを観てほしいというニュアンスだったと思います。

たしかに、今日前半に観たエキシビションマッチでも、ひとり女性の選手が非常に動きが良く見事なシュートを決めていらっしゃったけど、ああいうのを観ると、パラリンピックも、競技大会として素晴らしいなあと想像させてくれます。
私もこれまで、海外の五輪に足を運んだことはありますが、パラリンピックまでは行くという気持ちが及びませんでした。しかし、2020年は、それを間近に観られるよい時機になるかもしれません。


このあと、マーチングバンドのパフォーマンス素晴らしかったです。特に、棒などを持って踊る人たちを見ていましたが、女性の人が次に間に合うように外に用意されていた大きな赤い布を持ってきたところとか、パフォーマンスの順序・進行に合わせて機敏にやっていらしたのが印象的でした。

そして、15時45分から、小椋さん、畠山さんによる、バドミントンと新体操の説明でした。
それぞれ、実技を見せながらだったので、とても見ごたえがありました。
特に、畠山さんの体の柔らかいことには感心・感動。
うっとりするしか方法がありません(笑)

僕は、以前から、畠山さんのイベントを観たいと思っていたので、今日はようやくそれがかなって、心があらわれました(笑)
畠山さんがおっしゃっていたように、また、新体操の大会も観に行きたいと思っています。以前、何度か行ったことがあって、このブログでも書いたことがあるので、興味のある方は、このブログで探して、跳べ(笑)

画像



このブログは、スポーツもフォローして、12年間やってきています。
アイドルだけではありませんので、よろしくお願いいたします。ともかく、今日はよい体験でした。朝早起きも、結果が出てよかったです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
#805 武蔵野の森、エビ中、新体操 ys-hearty-blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる