ys-hearty-blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 【夏休みシリーズ2017】TOKYO IDOL FESTIVAL・前篇

<<   作成日時 : 2017/08/05 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年もお台場で開催されているアイドルの夏フェス、「TOKYO IDOL FESTIVAL」に3日通し券で初めて観てきました。今日の自分にとっては茨の道と感じました。

TOKYO IDOL FESTIVAL 2017
2017年8月4日(金)・5日(土)・6日(日) 10時開演
会場 : 東京・お台場・青海周辺エリア
主催 : TOKYO IDOL PROJECT
協賛 : タワーレコード/楽天チケット/RIZE

公式HP → TOKYO IDOL FESTIVAL 2017

画像



私ysheartは、実はこのイベントには、今年初めて出かけました。
このブログで、以前は、毎夏、ロック系の夏フェスのレポートをしていたので、そういうイメージでとらえていたのですが、正直、昨日と今日特に、今日は一日、本当に心身ともこたえました。

ともかく、第1日(昨日8月4日)から。


仕事が終わってそのままお台場に直行。
しかし、各ステージの場所と名前が記憶の中で一致していなかったり、そもそもリストバンド交換所はどこかを把握していなかったりで、とても以前フェスに慣れていた人間とは思えない右往左往ぶりに自己嫌悪を覚えまして。

それでも、まず、リストバンドを湾岸スタジオ(ゆりかもめ「テレコムセンター」駅から近い)の前のテントで交換でき、少なくてもこれだけは観ようと予定していたものは、観ることができました。


まずは、その横にある公園(SMILE STAGE)にて。


LinQ(19:35-55)

1. 祭りの夜〜君を好きになった日〜

2. Supreme





月まで行くつもり♪
シングルになった曲。こういうの、結構好きです。

3. for you

4. HANABI!!

上がれ上がれ舞い上がれ♪

最後まで観たかったですが、次に観たいステージの時間が来たので、
5曲目「ハレハレ☆パレード」を背に聴きながら、メインステージ、HOT SUMMERスタジアム(HOT STAGE)へ!


私立恵比寿中学(19:55-20:25)

ebiture
1. ラブリースマイリーベイビー
2. 頑張ってる途中
3. サドンデス





4. 春の嵐
5. 仮契約のシンデレラ

デビュー8周年で、9年目に入る記念すべき日だったようです。
初めからいるのは真山さん。小林さんと中山さんは初めてだとのこと。
真山さんが「白塗りで出るということもなく、こんなきれいな衣装で出られて(うれしい)」と。

僕はエビ中のライヴを観るのは初めてでした。MVでは嫌いなはずがやけに印象に残ってつい何度も観てしまっていた「サドンデス」をライヴで観れたのがうれしかったです(笑)
ひとりが自分のためにあるかのようなことを歌ったために他のメンバーが不平を言ったことがきっかけで、サドンデスで勝負をしたものの(提案者は早々と敗退w)、決戦で勝つはずのほうが他方を助けたために勝利を逸してしまうが…という簡単に言えばそんな感じのストーリーをコンパクトな1曲にまとめた作品ですね。

敗退していくときの各メンバーのセリフがアドリブのようになっているのが、実際他のライヴでも面白いのだろうと、想像します。


そして、一夜明けて、問題の今日第2日が来ました。


画像



まず、SMILE STAGEでは、乃木坂46の中田花奈さんも推していた(週刊誌にて)3人組を。

Task have Fun(10:00-10:15)

1. TASK
2. いつだって君のそばで
3. 3WD

MCもパフォーマンスもパワフルですが、まだまだ少しがむしゃらな印象もありました。
でも、なんか若い人のパワーってすごいなって思いますーー;


この時、湾岸スタジオ前は、リストバンド交換の長蛇の列がすでに形成されていたので、つくづく、僕は昨夜のうちに来て良かったと思いました。この暑い日に待つことが多いと、今思えば、もっと自分の計画も心身のバランスも崩れたのではないか、と。


そして、ダイバーシティプラザのほうへ移動。
ガンダムが解体中なんですね…その隣の入口付近にある、フェスティバル広場でも、とどまるところを知らない強力なパフォーマンスが続きましたが、僕の目当てのアイドルが登場。


寺嶋由芙(11:50-12:05)

1. 夏色のナンシー
2. わたしを旅行につれてって
3. ぜんぜん


最近続けてリリイベなど行ってきたこともあって、だいぶ、ゆっふぃーに慣れてきまして、安定のステージ、MCとのバランスも良く、きちんと届けられた、そんな感じがしました。
しばらく続けて耳目に入ってきたグループ勢の見せ方とは、やはり少し趣が違うと思います。ゆっふぃーをあまり知らないお客さんたちには、どう映ったのでしょうか。


僕は、この後すぐ、フジテレビ1階の広場へ。


広島のグループ、以前このブログでもレポートしました、メイプルズです。


MAPLEZ(12:15-12:30)

1. 4112(SE)
2. オーセンティックインベンションとロマンティックパラノイド
3. トキメキ!とまどい?Nightmare♪
4. Boom! Boom! Miracle Emotion


いつものオープニングで始まり、プログレ的な展開を見せる曲そしてアルバムから2曲。


画像



それから、ちょっとした合間に、物販と握手会のエリアへ行ってみるのですが、こちらも時々、長い列になったり、時間のタイミングがなかなか難しいのとで、少し疲れがたまってきました。


次は、メインステージへふたたび。


欅坂46(欅坂46+けやき坂46)(13:20-13:50)

overture
1. 危なっかしい計画


2. 永遠の白線※けやき坂46
3. 誰よりも高く跳べ!※けやき坂46

4. 二人セゾン
5. サイレントマジョリティー





本格的に、欅坂のライヴを観るのは初めてで、少しずつ、メンバーの顔が見えるようになってきました。
ところで、
1曲目は普通に進行したライヴでしたが、4曲目で、平手さんの顔が髪で見えなくなっていて、5曲目には、マイクで歌っている様子すらありませんでした。
僕はこれまでの事情など全然わからないものですから、何かあったのか、これも少しは演出なのかと思ったまま会場を出たのですが、
いま、ネット上でツイートなど見ていると、ファンの方たちが状態を気遣っているようでした。
何か精神面の苦労があるなら、休ませてあげた方がいいのではと思います。今日は、よく乗り切ったといえる、そういうことかもしれません。


9nine(16:35-17:05)

1. Why don't you RELAX?
2. colorful
3. SunSunSunrise
4. チャンス
5. Re:
6. With You / With Me


やはりメインステージですが、ここまでで僕のほうも心身ともしんどくなってきたのですが、9nineのステージの良さのおかげで体調が戻りましたわ。


今日は、特に、誰かとのコミュニケーションもなく、結局、握手会エリアも何度か入ったものの結局一度も何も参加せずに終わってしまい、さびしい一日となった私でした。。。


画像



つりビットのアイスクリーム販売など、癒される時間もありましたが、なかなかこう、決定的なものが自分の中で生まれないまま、帰りました。

このまま終わるのか、明日は奇跡が起きるのか!?


画像





追記。

HKT48(20:05-25)

1. 12秒
2. 初恋バタフライ
3. 桜、みんなで食べた
4. ポニーテールとシュシュ
5. ナギイチ
6. Everyday、カチューシャ
7. ロックだよ、人生は…
8. メロンジュース
ENC
9. 最高かよ

心身とも限界で、アンコールを背に聴きながらの帰路、となりましたが、その勢いを体感できたことは良かったです。



夏休みシリーズ 第5回 おわり 第6回(後編)につづく!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【夏休みシリーズ2017】TOKYO IDOL FESTIVAL・前篇 ys-hearty-blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる