ys-hearty-blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 【夏休みシリーズ2017】バブル時代からアイドルが、やって、きた

<<   作成日時 : 2017/08/03 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ベッド・インをワンマンライヴで観る段階まで。

画像


ウチらの夏物語〜東名阪ワンマンおギグツアー2017〜

2017年8月3日(木)
18時15分開場 19時開演

会場: 渋谷CLUB QUATTRO

企画: SPACE SHOWER MUSIC
制作: サイレン・エンタープライズ
後援: キングレコード株式会社


☆☆☆
【ベッド・イン】
公式サイト→ ベッド・インOFFICIAL WEBSITE

益子寺かおり中尊寺まいによる地下セクシーアイドルユニット。
公式サイトのプロフィールは、
「日本に再びバブルの嵐を起こすべく、80年代末〜90年代初頭へのリスペクト精神により完全セルフプロデュースで活動中。(中略)
バンド歴の長い二人による、ロック姐ちゃんなライブパフォーマンスと『おやじギャル』的な発言やTwitterが話題となり、日本各地を毎度おさわがせします中! …」
☆☆☆


今年メジャーデビューシングル「男はアイツだけじゃない」をリリースしたので、”地下”ではないのですが、”地下”というワードも含めて笑わしてくれようとしていると考えられます^^

ともかく、今日のセットリストと大まかな内容は以下の通りでした。
なお、写真撮影はOKでした(動画は禁止)。
断っておきますが、MCでは、二人の完璧な80年代90年代バブル期キーワードと当時をほうふつさせる下ネタのシャワー状態でしたので、それを詳細に再現するのは野暮ですから、書きませんので(笑)


1. Summer Dream

2. ♂×♀×ポーカーゲーム



-MC-

3. GOLDの快感

4. GIVE ME ! 〜哀・してる〜

5. 


画像



物販のコーナー
大人の文化祭のコーナー : まいが、森高千里の「私がオバサンになっても」をカバー。
かおりが大仁田厚?のマネで歌い、パートタイム・ラバーズがZIGGYの「GLORIA」をカバー。
二人が再登場し、浜田麻里の「Return to Myself〜しない、しない、ナツ。」、中原めいこ「君たちキウイ・パパイア・ マンゴーだね。」そして、杉山清貴&オメガトライブ「ふたりの夏物語」を披露。

「ガラスの十代の人たちには」(笑)わからない。そんな80年代当時の夏の曲がよく揃っていました。「夏夏ナツナツココ夏♪」にもふれました(「ふたりの愛ランド」(石川優子/チャゲ))。

次は、9月6日リリース予定の新曲。
今日は、これの予約を会場ですると、終演後の特典会(チェキ会、サインお渡し会)に参加できました。
チェキ会対象のほうのCD+DVDは、1919円+税(笑)


6. CO・CO・ROグラデーション

7. 劇場の恋

かおりが無表情で踊る間奏部分が好きです^^
仙台でリリイベを観た時、面白いなあと思いましたです^^

8. ZIG ZAG ハートブレイク

-MC-


着替えタイムがあって、二人はボディコンから水着へ!


9. SEXY HERO

10. 限界LOVERS(SHOW-YAのカバー)


この人たちは、ベッド・インをやる前に、SHOW-YAのコピーとか演っていたようです。
まいさんはギター演奏するし、かおりさんはボーカル力が高いし、ハードロック系の実力経験とも十分だと思われます。浜田麻里姐さんとか言っていたし、日本の女性ロックボーカルの系譜へのリスペクトの想いが伝わってきます。


ENC

物販のTシャツを着て登場。


画像



11. 男はアイツだけじゃない



僕が、ベッド・インを初めて仙台のリリイベで観た時のデビューシングルです。

12. C調び〜なす!


画像


最後は、ジュリアナを想起させるダンスフロアと化したステージと、観客の熱狂がひとつになったのでした。

画像


「やまだかつてない熱帯夜サンクスモニカ〜」
21時20分ごろ終演。

特典会のチェキは、ステージ後半でも着ていたバドワイザー風の水着で3ショット。女性のファンも多かったです。楽しい雰囲気でした。
さすがに、この時間帯から300人ぐらいの人と撮影ですから、話す時間はありませんでした。「サンクスモニカ〜♪」と言ってくれるのに「ありがとうございます」とこっちが答えるくらいで精いっぱい。
僕は早めに先のほうに並んだので、早く順番が来ましたが、4階の会場から階段を下りて1階の入口に来るまでずっと待機列がありました。


さて、今回は渋谷で、いや、渋谷へ行きましたが、すでに上述してある通り、僕がこの二人を観に参加したのは、今年3月末の仙台市でのリリイベが最初でした。あのときは、もっと一人あたりの時間も、3ショットの時間も十分ありましたよ。

その仙台の時といい、今回といい、スタッフさんたちが男女とも大変に親切で感じがよろしかったです^▽^



今日はアンコール後のMCで、かおりさんが、自分たちは、(もっと若い時は)いじめられたり自信がなかったりする人だったと回想モードもちらっとのぞかせました。
そういう話が聞けるということは、ご活動に、いよいよ本格的な大ブレイクへの予感があるのでは!


そういうわけで、今回は、ひたすらふざけた記事にするつもりだったんですが、良い記事になってしまいそうで怖いです(笑)

☆☆【2017年8月10日追記】
この記事をアップした今月3日から1週間かけて、加筆・補正をくりかえしてきました。
当ブログは、下ネタを極力回避してきましたが、最近疲れもあって、その辺がルーズになっている気がしたので、しっかり編集してきました。
安心してご覧くださいませ。1週間たって、途中、TOKYO IDOL FESTIVALもあったのに、アクセス数3件は、あんまりですね。
☆☆




以上でした( ̄▽ ̄)/
さあ、いろいろな伏線を敷きつつ進める、夏休みシリーズ、8月に入り、暑中お見舞い申し上げます。
次回は、いよいよ、ここしばらくのいろいろなレポのひとつの大きな結晶のような、象徴的なイベントに向かいます。ysheartもとうとう、あの場所に向かうのです。お楽しみにー!


夏休みシリーズ2017 第4回 おわり   第5回につづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【夏休みシリーズ2017】バブル時代からアイドルが、やって、きた ys-hearty-blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる