ys-hearty-blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ゴールデンウィーク編2017】から紅の恋歌・芸者ロボ・燃える海

<<   作成日時 : 2017/05/03 22:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ゴールデンウィークも”後半”だそうです。今日からやっと休みに入った私には、寝耳に水の話です(笑)

画像


日本の映画では、名探偵コナンの最新作、それから、外国映画2作品の感想。先ずは、攻殻機動隊から。

ゴースト・イン・ザ・シェル/Ghost In The Shell

公式サイト→ 映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』

【監督】ルパート・サンダース【原作】士郎正宗「攻殻機動隊」(講談社刊)
【出演】スカーレット・ヨハンソン(少佐)/ピルー・アスベック(バトー)/ビートたけし(荒巻)/ジュリエット・ビノシュ(オウレイ博士)/マイケル・ピット(クゼ)/桃井かおり(ハイリ:素子の母親)/山本花織(モトコ:素子)/福島リラ(芸者ロボット)


1989年、「攻殻機動隊」が連載開始だから、僕にとっては、まばゆくて、まだ全然新しい時代のコミックですよ。
当時もっと、アニメ・漫画に関心を持っていれば、もっと記憶に残っていたはずです。ただ、あのキャラクターデザインなどは、実は当たり前のようにどこかで視界内に入っていた可能性があります。

本作は、「サイバネティクスやロボティクス、マイクロマシンなどの科学技術の大幅な進歩と、二度の世界大戦による世界の荒廃と統一によって、異形の変化を遂げた近未来の日本を舞台に、テロや暗殺といった凶悪犯罪に対抗するために組織された公安警察組織「公安9課」(通称「攻殻機動隊」)の活躍を描いた」作品(パンフレットから)です。

「先鋭的なSFのテーマと、ハードな警察ものスリラーの要素とを組み合わせた、」サイバーパンクSFというジャンルは、「1982年に公開」された「リドリー・スコット監督『ブレードランナー』(原作はフィリップKディックの長編小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』)に端を発し」、そこには、当時の日本のイメージが随所に入れられました。つまり、「異国情緒溢れている伝統的な日本文化」と「最新科学技術大国としての現代日本」という対極的なイメージでした。
その理由として、「未来的で奇妙な社会」としての「日本が世界の注目を浴びだし、憧れを持つ人々が増えたということもあった」だろうと、パンフレットでは述べられています。

「攻殻機動隊」は、「アメリカ発のオリエンタリズム溢れる世界観を持つサイバーパンクSFの世界に、日本からダイレクトな反応を返し」た作品であったと。。

そうなると、舞台は「アジアのとある都市」(日本に限りなく近いアジアのとある場所)で、少佐の元になった人物が日本人モトコであるにもかかわらず、少佐の容姿が西洋人であることにも、違和感はなくなるわけですが、そんなことより、スカーレット・ヨハンソン演じるキャラクターにつよい説得力を感じさせられます。

パンフレットの中で、押井守(2004年『イノセンス』監督)さんが、「この映画では、ロケで撮影した風景は”素材”」であり、「その素材を3DCGで加工しまくって、現実と同じだけの情報量を持つ架空の風景を作り上げている」と。
「だから”実写映画”なんだけど、本質はよくできた3DCGアニメに近」くて、「20年前に自分が妄想していた映画作り」なのだとおっしゃっています。熱意があって読みごたえがあります。
否、実際、そういった映像の処理のすごさは、僕自身は、都市の3Dの巨大すぎる広告の表現にいちばんつよく感じました。巨大なホログラフィーとなった芸者たちが、それぞれの企業や商品を宣伝している景色は独特で、夢に出てきそうなくらいのインパクトがありますね(笑)
あんな近未来は、ヤダ(^^;

画像



芸者ロボットは、強烈ですね。これが観れるだけで、この映画を観る価値あり。なぜかビョークを思い出すのですが(笑)、これもちゃんとキャスティングされた、福島リラさんという方が演じています。

それにしても、私たち日本人は、日本の芸者はこういうふうではないとわかっています。

もちろん、そもそも日本ではないのですが、日本のイメージから新しい世界を創造するときに、素となる、日本の風景や文化への理解が正確でないところに、日本のイメージがあるから、そういった感じを受けるのだ、と私は言いたいのです。

リドリー・スコットにしても、1989年の監督作『ブラック・レイン』で日本を舞台にしているけれど、正直、あの日本は酷かったと今も思います。松田優作の怪演が高く評価された作品ですが、日本の描き方、”黒い雨”という表現の付け焼刃的なところは、ああ、あの頃、日本への理解はまだまだだったんだなと、あらためて思います。



とにかく、ビートたけしさん劇中で殺されず、桃井かおりさんの英語での好演がうれしかったです(笑)

この作品は、序章のような趣でしたね。
僕自身に与える意義からすれば、いろいろ映画・アニメ・映像技術・文化史など多方面の興味に対して示唆的な作品といえそうなので、

★★★☆☆

3点、は確実です( ̄  ̄)/(笑)


画像



『ゴースト・イン・ザ・シェル』については以上で。今日のお昼過ぎに観たのは、次の作品。


バーニング・オーシャン/Deepwater Horizon

【監督】ピーター・バーグ【出演】マイク・ウィリアムズ・・・マーク・ウォールバーグ/ジミー・ハレル・・・カート・ラッセル/ドナルド・ヴィドリン・・・ジョン・マルコヴィッチ/アンドレア・フレイタス・・・ジーナ・ロドリゲス/ケイレブ・ハロウェイ・・・ディラン・オブライエン/フェリシア・ウィリアムズ・・・ケイト・ハドソン

原題:Deepwater Horizon 公式サイト→ 映画『バーニング・オーシャン』

タイトルわざわざ”バーニング・オーシャン(燃える海)”にせず、邦題として日本語で、燃える海、でも良かったのではないかと思います。

2010年4月20日、実際に起きた原油流出事故(メキシコ湾の石油掘削施設ディープウォーター・ホライズンの事故)を描いた、ディザスタームービー。

70年代、少年ハートだったころ緊張しながら観た、『タワーリング・インフェルノ』(ポール・ニューマン主演)や、『カサンドラ・クロス』(1976年)などの”パニック映画”を思い出しました。

最初の伏線と、家族の平穏な日常から、後半の大事故、生きることを求めた脱出への激しい変化が描かれ、脱出の最後は、マイクとアンドレアの海への飛込み、ジミーによる生存作業員の点呼で締めくくられました。

生存者と家族が悲しき再会を経て、裁判へ…そこまでで映画は終わるので、そこで観る者としては、ああ、これは、事実が元にあったのだから、これ以上先が描かれるまでの意味はないのだ、と気がつかなければならないのでしょうね。

主演の方と実在の方の風貌がよく似ていらっしゃいました。
亡くなった方々の生前の写真など見ると、切ないのですが、こうして、ひとりひとりの肖像を大切にするあたりに、アメリカらしい良いスピリットを感じることができます。

一方、ジミーが、ヴィドリンを前に、自分たちは雇われ…何とかと自虐的に言っていた場面など、昨今のブラック企業体質の問題とか、僕自身の昨年職を辞した時の事情など思い出して、心に残りましたですねえ…


評価は、先月、芦田愛菜ちゃんと池上彰氏のトークイベントのニュースの影響でこれを観たという経緯から…

★★★☆☆

3つは、確実(笑)

ところで、芦田愛菜ちゃんの本格的な話題は久しぶりで、正しく清潔な方向に、無事に成長する愛菜ちゃんを見ると、これからの日本も、まだまだ救われる余地はあるのだろうと思わせてくれます。

バレル。(←ともかく、言葉を書いてみるysheart(*^^*)♪)

画像



早稲田アカデミーの広告でも活躍中。


以上、芸者ロボットでした(^^)/(違う)



☆☆☆【2017年6月24日追記】


冒頭の画像に、コナン最新作がありますが、6月に入ってからようやく観に行くことができました。


名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)

画像


【原作】青山剛昌【監督】静野孔文【脚本】大倉崇裕【音楽】大野克夫
【声の出演】高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、山口勝平、堀川りょう、宮村優子、岩居由希子、高木渉、大谷郁江、緒方賢一、林原めぐみ、松井菜桜子、檜山修之、ゆきのさつき、小野大輔、山路和弘、てらそままさき、若本規夫、置鮎龍太郎、勝生真沙子、比嘉久美子、一条和矢、石井康嗣、石川英郎、吉田美保、吉岡里帆、宮川大輔、阪脩
【主題歌】「渡月橋〜君 想ふ〜」倉木麻衣

名探偵コナン劇場版シリーズ第21弾。
「百人一首で有名な皐月会主催の皐月杯の会見収録が行われていた大阪・日売テレビで、爆破事件が起きる。崩壊するビルに高校生探偵の服部平次とその幼なじみ・遠山和葉が取り残されるも、コナンが救い出す。犯行声明が出ないことに疑問を抱いて調べを進めるコナンと平次の前に、平次の婚約者だという百人一首高校生チャンピオンの大岡紅葉が現れる。」(シネマトゥデイから)

私がコナン劇場版を観るのは、2015年の『業火の向日葵』(19作目)以来、2年ぶりです。
6月前半、TOHOシネマズ錦糸町で、ようやく観ることができました。
2度大きなアクションシーンがあって、娯楽作品としてドカンと行く方向もありながら、謎解きとそのための伏線的なところが、平次、和葉、紅葉の恋のかけひきとあいまって、人物や人間模様の線をきちんと描いていたという印象で、気持ち良い作品でした。
エンドロールでの(といってもその後に続きがありますが)、倉木麻衣さんの曲が心地よく全体を締めくくってくれました。渡月橋の景色も美しく映されていました。

そのようなわけで、映画の評価は、

★★★★★

当ブログの女神さまが歌うこともあいまって、このような安定、大甘の評価すみません( ̄▽ ̄;





百人一首って大変な鍛錬と競争の世界なのだなと、どんな世界にもそれなりになるまでに試練のステップがあるのだなと、身が引き締まる思いでした(^^;
因みに、私が好きな、というか心にいちばん印象のある歌は、

千早ぶる 神代もきかず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは

ですが、たまたま、今回の映画のタイトルの歌と同じになってしまいました。

ところで、今月11日に中野サンプラザでは、本作品で灰原哀の声でご出演の林原めぐみさんのファーストライヴ「林原めぐみ 1st LIVE -あなたに会いに来て-」が開催されましたね。

画像


その日、そんな大イベントがあろうとは、あらためて、もっと早くからアニメファンであればよかったと思うばかりで、知らなかったので、上の画像は、その日、会場の前に行って撮っただけで、私もライヴは観れませんでした。

ファーストライヴの様子は、WOWOWで9月に放送されるそうです。

こちらを参照のこと→ MEGUMI HOUSE(林原めぐみさんの公式サイト)

以上、映画テーマ記事、でした。それでは、また。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【ゴールデンウィーク編2017】から紅の恋歌・芸者ロボ・燃える海 ys-hearty-blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる