ys-hearty-blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 夢をあきらめないで …神野選手の出発

<<   作成日時 : 2008/03/25 23:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

卒業のシーズン。ysheartもまた、卒業の時を迎えています。

画像


先週後半は、卒業記念写真の撮影。ガウンはともかく、あの教授っぽい帽子をかぶった自分を鏡で見ると「ウ〜ン。。」。イケていないのかどうなのか?

昨日は校友会主催の前夜祭に出席…知り合いがほとんどいなかったけど^^;)。校歌も歌って、YEBISUも1缶飲んで、さっぱりとした時間でした。

そして今日、卒業式と学位授与式を無事に終えて、2度目の大事な学生生活を締め括りました。

20代当時の大学生時代には卒業写真にも式にも参加しなかったので、今回は夢にまで見た大学からの卒業でもあるし、形だけのものでもきちんとクリアしようと思ったのです。

そのような卒業を現実に果たした今、特別な感慨が湧きあがってくるということが何もなく、やけに淡々と物事が流れてゆくのが、不思議で、拍子抜けしそうな気分です。こんなんでいいのか!?と自分を疑ってみる(笑)


氷のスポーツのブログらしく、話が逸れますが…
つい昨日、ysheartにとって、衝撃的なニュースが目に飛び込んできました。


ショートトラックの神野由佳選手、現役を引退…


氷上競技を現地で応援し始めて7年以上になるけれど、この時季、選手の去就は毎年のように、ショックをもたらします。おつかれさまでしたと、一通りの言葉でセレモニーが通過できる時もあります。
だけど、神野選手は、ysheartにとっては、以前からの人柄の印象もあわせ、特別に重要な選手であっただけに、この報には、いいようのないくらいの寂しさを覚えました。


でも。
当たり前のようにショートトラックを続けてくれると思っていた半面、すでに二度のオリンピック出場を経験されて、1シーズンごとに予感がアタマの片隅で増幅していったのも確かです。
僕はそれを自分で見ないようにしていたかも知れません。

画像


トリノ五輪から気がつけば、すでに2年が過ぎました。2005年12月、全日本選手権(江戸川区スポーツランド)での、神野選手のガッツポーズの記憶は今も焼きついてます。

【参考】氷のアイスの「氷上戦レポート」 → ショートトラック全日本選手権

そのあと、2006年、冬季オリンピックは、トリノで7位入賞。次の06/07シーズンでは、同じ会場で開催された、全日本選抜で総合優勝。これも、僕のブログで、昨シーズン、レポートしたので、よく憶えていますよ。

画像


そしてさらに記憶を呼び起こし。。
選手としての最後の姿をじかに見たのは、2007年(つまりちょうど1年前)、冬季アジア大会の壮行会、品川の高輪だったことを思い出しました。

画像


昨年12月(今シーズン)の全日本も観に行くべきでした。自分のことにかまけて。。情けない話だ。ぎりぎりまで、ファンとしての声を届けておきたかったと、悔やまれます。

しかし、ALSOKのページでの、神野選手の以下の言葉が、心の迷いに幾許かの希望の光を与えてくれます。

「これからは、後輩達が日本のショートトラック界を支えて行ってくれると信じています。
いずれその後輩達をサポートできたらいいなと思っています。
引退後は、海外へ語学留学を予定しています。
帰国後は、昔からの夢であった教師を目指してがんばりたいと思います。
これからの新しい人生も、今までのスケート人生以上に輝けるように精一杯がんばりたいと思っています。」

神野選手もまた、“卒業”するのだなと、思いました。長い間見てきた夢の、実現のため。

画像



僕がこのブログをやっていても忘れたくないのは、競技の応援であれ、ライブや映画の鑑賞であれ、“評論家にならないように”ということ。
いつでも自分が競技の主体・表現の主体になれるような目線を持つ心がけでいたいと。
プロフィールで言っているのもそういうことです。

僕も、自分の夢の実現のために、学生をやってきた。さらに次のステップを踏もうとしている。神野選手が氷上からいなくなるのを見送るだけでなく、自分自身もまた、神野選手の生き方に負けないように、自分のステップをさらに先へ進めるべく、発奮しなければならない。
選手を自分のように鏡に映し出して、その選手像を超えることだ。

そう思うと、この選手の引退を新しい想いで、受け止めて歩んでいけそうな気が、今はしているのです。まだ、寂しい気持ちのほうが大きいけれど。

画像


自分の卒業の話に戻るとして。
今日のイベントもつつがなく終わり。花粉症のしんどさも、桜の開花をうけ、徐々にひいているのがわかります。選手の引退の件で、しんどさも忘れてしまいそうですよ。

校歌も十分に歌ったのですが、世間では、お気に入りの卒業ソングの話題で盛り上がっている時なので、ysheartにとっての卒業の歌をここで挙げておきたいと思います。

80年代後半、初めてこの大学を見たときによく聴いていた曲、それが僕にとって、最もお気に入りの卒業の歌であり、それはたった今でも、どこからか聴こえてきます。「夢をあきらめないで」。

岡村孝子/夢をあきらめないで


1987年の映像に乗せたヴァージョン


あの頃が少し苦く想い起こされ、グッと気持ちを締め付けられる。同時に今は、あの頃と同じように先をめざそうというポジティヴな何かを与えてくれる…奇跡の歌です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
わお!ココで桜が見れて良かった^^
これから本咲きなんでしょうね。
と、月並みの挨拶はともかくysheartさん、卒業おめでとうございます☆
同時に、ysーhearty-blogがどのように歩んでいかれるかも楽しみです。
20代そして30代と学生時代を送られたとのコトで
様々な感慨が・・・拍子抜けでしたか?
でも、わかるな〜それ、(ほんとか?!)
自分は描いていたものが大きかった時にそうなります^^;



ジャム80
2008/03/26 01:26
ジャムさん、桜が見れて良かったですね…
もう、ちゃぶ台をひっくり返さないでね(^^)/w

それはともかく、卒業の祝辞ありがとうございます!

>同時に、ysーhearty-blogがどのように歩んでいかれるかも楽しみです。

あー。鋭い言葉、心強い励ましです。これを機にどうなっていくのか、自分でもわからないのが楽しみなのと同時に、引っかかりますねー(笑)
文章のトーン(Tone)は、その時の心身の状態を案外、正直に反映するし。

学生時代を繰り返すことで、当時出来なかったことが今回実現できたりしたことに感慨をもってはいるけど、その締め括りが、思っていたほどドラマティックではなく…
いくら、卒業のイベントで周りで壮大な演出をされてもそれは変わらず。

>自分は描いていたものが大きかった時にそうなります^^;

長年探していた曲のタイトルやアーティストがわかって、あらためて聴くと大した曲でなかった場合なんかも似てますかね(笑)

いすれにせよ、卒業は新しい始まりでもありますね!
ysheart
2008/03/26 06:59
ysheartさん、ご卒業おめでとうございます☆
仰る通り、「卒業は新しい始まり」だと思います。
夢の実現のために2度の学生生活を経て、新しいステップへと進もうとしているysheartさん、素敵です。
ysーhearty-blogの更なる発展も楽しみにしております!
”夢をあきらめないで”久しぶりに聴きましたが、やっぱり良い歌ですね♪
クオモ
2008/03/26 10:15
卒業おめでとうございます!

うらやましいなあ。

大学の卒業式では、会場にも入らず、まわりで友達や後輩としゃべっていて終わりました。
今となって、卒業式ってとてもいいものだと感じるようになりましたよ。

岡村孝子いいですね。
アルバム「After Tone」は、何度も何度もカセットを聴きこんだ思い出があります。
Husky
2008/03/26 11:48
クオモさん、卒業のお祝いの言葉、ありがとうございます!

僕は入学当初、2度目の学生生活を半ば“生きなおし”のように考えてましたが、実際には、新しい課題がいくつか生まれてしまいました。夢の実現に必要なことを全て取り戻して完結、というものではありませんでした。
でも、自分の道を歩いていけているという実感があるのは嬉しいことです。

夢をあきらめないで…結局のところ、帰るんですよね、この曲の世界に。純粋に、すべての大切なものがそこにあると思います。

ブログの発展、自分でもどうなるのかわからないですが、楽しみです!
ysheart
2008/03/26 12:05
Huskyさん、卒業のお祝いの言葉、ありがとうございます!

1度目の大学の卒業式は参加しなかったし、写真も撮らなかったので、今回の一連の催しは、努めて丁寧にこなしました(笑)。式典もさっぱりした形式上のものだけど、出席できるのは幸せなことですね。

そして今回は、親しくなった人たちと写真を撮ったり、長話したりして、みんな笑って、それだけのことが、いい体験でした。

岡村孝子の「After Tone」は、アルバムCDとしては、僕の人生で2番目に買った作品で、87年の暮れから88年にかけて、本当によく聴きました。今でも、自分にとっていちばん大事な音楽です。
ysheart
2008/03/26 12:41
♪負けないように 悔やまぬように
   自分らしく 輝いてね・・・♪

ysheartさん、ご卒業おめでとうございます。
お仕事と学業の両立、本当によく頑張られましたね。
東京在住の私の兄も、2つ目の大学で社会人学生をやっていますが、やはり大変そうですね〜 1日24時間じゃ足りないと…
ysheartさんは趣味や楽しみなんかも、ちゃんとこなしながらの日々で本当に素晴らしいなぁ〜と思います!
ステップをさらに先へ・・・ 応援しています☆
(教授っぽい帽子をかぶった後姿だけでも見たかった^^)
岡村孝子さんの歌声を久しぶりに聴けました♪感謝
Any
2008/04/04 20:15
Anyさん、卒業祝いのコメントを下さってありがとうございます!

生活のバランスが難しく、趣味や楽しみも命がけでしたよ(^^;)学生でない時にできなかったこと、を優先したので、順調に行かないこともあったにせよ在籍期間を延長してどうにか気持ちの整理がつくところまで行ったという感じです。
お兄様も、ですか。知恵を絞って、入学当初の想いを成就できるよう、お祈りいたします!^^

記念写真を撮れたことは良かったですが、慣れない感じがどういう仕上がりで表れたのか、見るのが怖いです(笑)

新しい課題も生まれて、これからの道のりも大変ですが頑張っていきます。負けないように悔やまぬように自分らしく…また、この歌を励みに歩いてゆくことになりました。
ysheart
2008/04/04 21:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村 にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 芸能ブログ アイドル・アイドル歌手へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
夢をあきらめないで …神野選手の出発 ys-hearty-blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる